お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-03-25 10:00
医療用を想定した多人数共有型立体表示装置の試作
岡島 弘北村喜文上甲 剛岸野文郎阪大
抄録 (和) 医療用のボリュームデータを複数の利用者に適切に立体表示し,かつ,インタラクティブに画像を操作することができるシステムを,我々がこれまでに検討してきた多人数共有型立体表示装置IllusionHoleの考え方を用いて試作した内容について報告する.まず,医療用の多人数共有型立体表示装置の設計指針について検討する.続いて,この設計指針を満足する医療用の多人数共有型立体表示装置のハードウエア構成,描画ソフトウェア,インタフェースについて述べる. 
(英) A display table for cooperative work in medical application is described. Adequate stereoscopic image generated from a volume data is displayed for multiple users. The users can observe and interact with a shared stereoscopic image. In this paper, guidelines for designing display system for cooperative work in medical application are discussed. Then hardware configuration, rendering software to generate stereoscopic images, and interface system to operate displayed image are described.
キーワード (和) 立体ディスプレイ / 3次元ユーザインタフェース / ボリュームデータ / 協調作業 / 医療用アプリケーション / 外科手術 / 診断 /  
(英) stereoscopic display / 3D user interface / volume data / cooperative work / medical application / surgery / diagnosis /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 749, MVE2004-77, pp. 1-6, 2005年3月.
資料番号 MVE2004-77 
発行日 2005-03-18 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MVE  
開催期間 2005-03-24 - 2005-03-25 
開催地(和) 大阪大学(豊中) 
開催地(英) Osaka Univ (Toyonaka) 
テーマ(和) マルチメディア・仮想環境基礎 
テーマ(英) Multimedia and Virtual Environments 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2005-03-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 医療用を想定した多人数共有型立体表示装置の試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Trial System of IlusionHole for Medical Application 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 立体ディスプレイ / stereoscopic display  
キーワード(2)(和/英) 3次元ユーザインタフェース / 3D user interface  
キーワード(3)(和/英) ボリュームデータ / volume data  
キーワード(4)(和/英) 協調作業 / cooperative work  
キーワード(5)(和/英) 医療用アプリケーション / medical application  
キーワード(6)(和/英) 外科手術 / surgery  
キーワード(7)(和/英) 診断 / diagnosis  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡島 弘 / Hiroshi Okajima / オカジマ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 喜文 / Yoshifumi Kitamura / キタムラ ヨシフミ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上甲 剛 / Takeshi Johkoh / ジョウコウ タケシ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸野 文郎 / Fumio Kishino / キシノ フミオ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-03-25 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2004-77 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.749 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2005-03-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会