お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-03-25 13:50
概日時計システムにおける多重フィードバックループと同期能力の関係について ~ ショウジョウバエのインターロックフィードバックモデルにおける位相ダイナミクス ~
田中久陽電通大)・島田 尚東大)・前川智毅太田大輔電通大
抄録 (和) 本論文は概日リズムにおける引き込み能力についてシミュレーションと理論から解析を行なう.そのために,ショウジョウバエのインターロックフィードバックモデルに注目し,弱い光入力のもとでの引き込みにおける位相ダイナミクスを解析する.以上の解析を(a)野生型のシステム,(b)野生型のシステムが本来もっている多重フィードバックループのうち1つが欠損した変異体,および(c) 野生型のシステムにおいて細胞間での同調因子の存在を仮定した場合について行なった結果,それらの同期能力には有意な差異が生じることが認められる.これらから「多重」フィードバックループがいかに同期能力に寄与しているかについて議論する手掛かりが得られる. 
(英) In this study, we analyze the following question; How multiple feedback loops enhance the entrainment ability in circadian clock systems ? For this purpose, we focus on the interlocked feedback model of Drosophila circadian clock which is one of the most elaborated models consistently explaining several important aspects known experimentally. For the single-cell entrainment ability in this system subject to weak light inputs, the whole dynamics can be reduced to a simple phase equation governing the system's circadian rhythms. By analyzing such phase equations for the wild-type and various (experimantally known) mutants, we find that the entrainment ability is significantly enhanced in the multiple feedback loops, as opposed to a single feedback loop in the mutant systems.
キーワード (和) 概日時計 / 多重フィードバックループ / 同期引き込み / ショウジョウバエ / / / /  
(英) circadian clock / multiple feedback loops / entrainment / Drosophila / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 753, NLP2004-117, pp. 11-16, 2005年3月.
資料番号 NLP2004-117 
発行日 2005-03-18 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2005-03-25 - 2005-03-26 
開催地(和) 東京大学(本郷,山上会館) 
開催地(英) Tokyo Univ 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) (TBD) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2005-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 概日時計システムにおける多重フィードバックループと同期能力の関係について 
サブタイトル(和) ショウジョウバエのインターロックフィードバックモデルにおける位相ダイナミクス 
タイトル(英) How Multiple Feedback Loops Enhance the Entrainment Ability in Circadian Clock Systems ? 
サブタイトル(英) Phase Dynamics in the Interlocked Feedback Model of Drosophila Circadian Clock 
キーワード(1)(和/英) 概日時計 / circadian clock  
キーワード(2)(和/英) 多重フィードバックループ / multiple feedback loops  
キーワード(3)(和/英) 同期引き込み / entrainment  
キーワード(4)(和/英) ショウジョウバエ / Drosophila  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 久陽 / Hisa-Aki Tanaka / タナカ ヒサアキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 尚 / Takashi Shimada / シマダ タカシ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前川 智毅 / Tomoki Maegawa / マエガワ トモキ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 大輔 / Daisuke Ohta / オオタ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-03-25 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2004-117 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.753 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2005-03-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会