お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-03-18 16:45
動作名により検索可能な動作データベースの構築
湯川 崇秋田経済法科大短大部)・小原直子玉本英夫秋田大
抄録 (和) 筆者らは,モーションキャプチャシステムにより取得した身体動作データを再利用可能にするための,動作データベース構築手法を提案している.この手法は取得した動作データを基本動作と呼ぶ再利用しやすいまとまりに分割し,その動作の内容を表す名前を検索キーとして割り当てる.従来,この作業は人手により行っているため,データ量が増加するとデータの登録や保守が困難になる.本稿ではこの問題を解決し,モーションデータを効率よく再利用可能するために,基本動作データに検索キーを自動的に割り当てる手法,および動作の内容を表す名前から自動的に検索キーを生成する手法を提案する.実験により,提案手法が動作データベースの構築および利用のために有効であることを示す. 
(英) In order to reuse the human motion data recorded by the motion capture system, we have proposed a motion database construction method In this method, captured motion data are divided into a basic motion which is easy to reuse, and the word explaining the motion is used as a search key. Since we have been performing this method manually till now, if the amount of data increases, registration and maintenance of data will become difficult. In order to solve this problem and to reuse the captured motion data efficiently, we propose the method of assigning a search key automatically to the divided motion data, and the method of retrieving the target basic motion data from the database by specifying a motion name.
キーワード (和) モーションキャプチャ / 動作データベース / 検索キー自動割り当て / / / / /  
(英) Motion Capture / Motion Database / Automatic Search Key Assignment / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 742, PRMU2004-264, pp. 193-197, 2005年3月.
資料番号 PRMU2004-264 
発行日 2005-03-11 (TL, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 PRMU TL  
開催期間 2005-03-17 - 2005-03-18 
開催地(和) 秋田大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 文書・文字メディアの認識・理解,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2005-03-PRMU-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動作名により検索可能な動作データベースの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Construction of the Motion Database System whose Contents can be Searched by a Motion Name 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モーションキャプチャ / Motion Capture  
キーワード(2)(和/英) 動作データベース / Motion Database  
キーワード(3)(和/英) 検索キー自動割り当て / Automatic Search Key Assignment  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯川 崇 / Takashi Yukawa / ユカワ タカシ
第1著者 所属(和/英) 秋田経済法科大学短期大学部 (略称: 秋田経済法科大短大部)
Akita Keizaihoka University Junior College (略称: Akita Keho Univ. Jr. Col.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小原 直子 / Naoko Obara / オバラ ナオコ
第2著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉本 英夫 / Hideo Tamamoto / タマモト ヒデオ
第3著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-03-18 16:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-TL2004-96,IEICE-PRMU2004-264 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.740(TL), no.742(PRMU) 
ページ範囲 pp.193-197 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-TL-2005-03-11,IEICE-PRMU-2005-03-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会