お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-03-18 11:00
特徴点探索による孤立文字認識
根岸和也東北大)・岩村雅一阪府大)・大町真一郎阿曽弘具東北大
抄録 (和) 画像に含まれている文字の情報は,非常に利用価値の高いものであるが,その文字が時計盤のように孤立している場合は,従来手法では切り出すことができないため,有効に利用することができない.本稿では,このような孤立文字に対して,文字の持つ本質的な特徴を利用して,切り出しと認識を同時に行う手法を提案する.具体的には,特徴点として角と曲線部分を検出し,使用する.特徴点の探索には,文字のエッジの方向を利用した.これらの特徴点の探索結果を総合的に判断することで文字の切り出し箇所を決定する.また,従来法では参照する画像と認識したい文字のフォントが異なる場合は,認識率が低下してしまう問題が存在したが,実験により提案手法がこの問題に有効であることを確認した. 
(英) A character information in an image is valuable.However, if a character is isolated as in the face of a clock, it is not easy to extract the character region.We propose a method to identify an isolated character by extracting feature points of characters. We use corners and curves as the feature points.Using edge direction of each point of an image, these feature pointsare extracted, and the position of a character is determined.The effectiveness of the proposed method is shown by by experiments.
キーワード (和) 孤立文字 / 特徴点 / エッジの方向 / / / / /  
(英) isolated character / feature point / edge direction / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 742, PRMU2004-238, pp. 41-46, 2005年3月.
資料番号 PRMU2004-238 
発行日 2005-03-11 (TL, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 PRMU TL  
開催期間 2005-03-17 - 2005-03-18 
開催地(和) 秋田大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 文書・文字メディアの認識・理解,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2005-03-PRMU-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 特徴点探索による孤立文字認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Isolated Character Recognition by Searching Feature Points 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 孤立文字 / isolated character  
キーワード(2)(和/英) 特徴点 / feature point  
キーワード(3)(和/英) エッジの方向 / edge direction  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 根岸 和也 / Kazuya Negishi / ネギシ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩村 雅一 / Masakazu Iwamura / イワムラ マサカズ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大町 真一郎 / Shinichiro Omachi / オオマチ シンイチロウ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿曽 弘具 / Hirotomo Aso / アソ ヒロトモ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-03-18 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-TL2004-70,IEICE-PRMU2004-238 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.740(TL), no.742(PRMU) 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2005-03-11,IEICE-PRMU-2005-03-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会