お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-03-17 09:45
画像中の直線と特徴点の追跡を用いたオブジェクトトラッキング
康 宇範関口博之英保 茂京大
抄録 (和) 本稿では画像中の直線エッジとワイヤーフレームで表現された被写体の3Dモデルとの2D-3D直線対応と,画像から検出された特徴点の各フレーム間における移動情報を用いたトラッキング手法を提案する.

提案手法ではモデル中の線分と画像中の線分エッジとの2D-3D線分対応をフレーム間にわたって保持し,対応付けられた画像中の線分エッジをフレーム間にわたり追跡する.そのため2D-3D線分対応が得られないフレームが存在する場合にも保持された2D-3D線分対応を用いてトラッキングを継続することができる.

本手法を評価するため,画質の異なる2種類のカメラを用意しそれぞれ2つの異なる物体を撮影した計4系列の動画像を用いてトラッキングを行った.その結果,ある程度の計測誤差を含むモデルを用いた場合であっても実用的な精度でリアルタイムでのトラッキングが実行可能であることが確認できた. 
(英) In this report, we propose an object tracking method using the 2D-3D line correspondences between straight edges in the image and 3D-wireframe model of tracked objects (targets) and the motion of feature points between the frames. In our method, tracking system tracks the straight edge segments corresponding to 3D model segments and keeps 2D-3D correspondences between the frames.
Therefore, the system can continue object tracking using preserved 2D-3D correspondences even the frames on which new 2D-3D correspondences are not obtained.

To evaluate our method, we have checked our system using motion image sequences of two targets taken by two cameras of different qualities.
Our system can track the targets on those four sequences. From the tracking results, we confirmed our tracking system can track with enough accuracy for various applications even when using rough 3D model in real time.
キーワード (和) マーカレス・トラッキング / エッジ / CADモデル / 直線 / / / /  
(英) marker-less tracking / edge / feature point / CAD model / line / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 741, PRMU2004-216, pp. 25-30, 2005年3月.
資料番号 PRMU2004-216 
発行日 2005-03-10 (TL, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 PRMU TL  
開催期間 2005-03-17 - 2005-03-18 
開催地(和) 秋田大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 文書・文字メディアの認識・理解,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2005-03-PRMU-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画像中の直線と特徴点の追跡を用いたオブジェクトトラッキング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Object Tracking Method with Tracking of Straight Edges and Feature Points 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マーカレス・トラッキング / marker-less tracking  
キーワード(2)(和/英) エッジ / edge  
キーワード(3)(和/英) CADモデル / feature point  
キーワード(4)(和/英) 直線 / CAD model  
キーワード(5)(和/英) / line  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 康 宇範 / Kang Woobum / カン ウボム
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 関口 博之 / Hiroyuki Sekiguchi / セキグチ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 英保 茂 / Shigeru Eiho / エイホ シゲル
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-03-17 09:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-TL2004-48,IEICE-PRMU2004-216 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.739(TL), no.741(PRMU) 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2005-03-10,IEICE-PRMU-2005-03-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会