電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-03-15 13:35
Leaky RLSフィルタの収束性について
中村泰大堀田英輔金沢大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年、システム同定問題において、システムへの入力へ加算される雑音がわずかで、かつ、システムからの出力に加算される雑音がかなり大きいときに、Leaky RLS フィルタが RLS フィルタより高精度な係数推定が可能であることが理論的・実験的に報告されている。本報告では、その Leaky RLS フィルタについて解析を行い、その学習曲線の収束特性について述べる。また、Leaky RLS フィルタの演算を簡素化した近似した Leaky RLS フィルタとの比較について述べる。 
(英) In recent years, it has been reported that a Leaky RLS (LRLS) algorithm gives more accurate estimation parameters than an RLS algorithm in applications dealing with system identification where the noise in the data matrix A is much smaller than the input signal to an unknown system and the noise in the observation vector b is large for b to be far from the column space of A. In this report, the LRLS filter is analyzed and its convergence characteristic is considered. Moreover, a simple LRLS algorithm which uses an approximation by Taylor series is explained.
キーワード (和) 適応フィルタ / 最小 / トータル最小2乗法 / ridge regression法 / / / /  
(英) adaptive filter / LS / TLS / ridge regression / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 719, SIP2004-156, pp. 93-98, 2005年3月.
資料番号 SIP2004-156 
発行日 2005-03-08 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CAS SIP  
開催期間 2005-03-14 - 2005-03-15 
開催地(和) 岡山県立大学 
開催地(英) Okayama Prefectural University 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ、通信のための信号処理、符号理論、一般 
テーマ(英) Network processors, signal processing for communications, coding theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2005-03-CS-CAS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Leaky RLSフィルタの収束性について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On a convergence property of a leaky RLS filter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 適応フィルタ / adaptive filter  
キーワード(2)(和/英) 最小 / LS  
キーワード(3)(和/英) トータル最小2乗法 / TLS  
キーワード(4)(和/英) ridge regression法 / ridge regression  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 泰大 / Yasuhiro Nakamura / ナカムラ ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀田 英輔 / Eisuke Horita / ホリタ エイスケ
第2著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-03-15 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2004-113,IEICE-SIP2004-156,IEICE-CS2004-249 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.717(CAS), no.719(SIP), no.721(CS) 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2005-03-08,IEICE-SIP-2005-03-08,IEICE-CS-2005-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会