電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-03-15 10:20
2元生成ベクトルに基づく多次元PSK信号を用いたターボトレリス符号化変調方式
山本勝敏辻岡哲夫杉山久佳村田 正阪市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在,帯域利用効率の高いトレリス符号化変調と,高い符号化利得を得ることができるターボ符号を組み合わせたターボトレリス符号化変調の研究が活発である.しかし,多次元トレリス符号化変調とターボ符号を組み合わせた多次元ターボトレリス符号化変調の研究は未検討な部分が多い.多次元トレリス符号化変調は$2$次元トレリス符号化変調と比べて帯域利用効率や設計の柔軟性において優れた点が多く,これをターボトレリス符号化変調に適用した場合の性能に期待される.
本稿では$2$元生成ベクトルに基づく多次元トレリス符号化位相変調方式を用いた多次元ターボトレリス符号化変調を提案し,計算機 シミュレーションによって多次元トレリス符号化位相変調方式と比較し性能 を評価する.また,多次元ターボトレリス符号化変調で次元数の異なるものを比較し性能を評価する. 
(英) In this paper, we propose the application of trellis coded multidimensional phase modulation into turbo code. Trellis coded multi-D phase modulation has some advantages compared with trellis coded phase modulation. Also turbo code has powerful error correction. We expect this proposed system has the best of both merits. So we compare the performance of proposal technique to multi-D phase modulation and turbo trellis coded phase modulation in simulations.
キーワード (和) 多次元ターボトレリス符号化変調 / ターボトレリス符号化変調 / 多次元PSK信号 / / / / /  
(英) Multidimensional Turbo Trellis-Coded Modulation / Turbo Trellis-Coded Modulation / Multidimensional PSK Signal Sets / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 721, CS2004-235, pp. 13-18, 2005年3月.
資料番号 CS2004-235 
発行日 2005-03-08 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CAS SIP  
開催期間 2005-03-14 - 2005-03-15 
開催地(和) 岡山県立大学 
開催地(英) Okayama Prefectural University 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ、通信のための信号処理、符号理論、一般 
テーマ(英) Network processors, signal processing for communications, coding theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2005-03-CS-CAS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2元生成ベクトルに基づく多次元PSK信号を用いたターボトレリス符号化変調方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Turbo Trellis-Coded Modulation Using Multidimensional PSK Signal Sets Based on Binary Generators 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多次元ターボトレリス符号化変調 / Multidimensional Turbo Trellis-Coded Modulation  
キーワード(2)(和/英) ターボトレリス符号化変調 / Turbo Trellis-Coded Modulation  
キーワード(3)(和/英) 多次元PSK信号 / Multidimensional PSK Signal Sets  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 勝敏 / Katsutoshi Yamamoto / ヤマモト カツトシ
第1著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻岡 哲夫 / Tetsuo Tsujioka / ツジオカ テツオ
第2著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 久佳 / Hisayoshi Sugiyama / スギヤマ ヒサヨシ
第3著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正 / Masashi Murata / ムラタ マサシ
第4著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-03-15 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2004-99,IEICE-SIP2004-142,IEICE-CS2004-235 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.717(CAS), no.719(SIP), no.721(CS) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2005-03-08,IEICE-SIP-2005-03-08,IEICE-CS-2005-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会