電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-03-15 09:55
カオス写像とデシメーションを用いた周波数ホッピング方式(FH/SS)用符号の一構成法
上野福司佐々木逸雄阪府大)・青木一弘阪府高専
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,カオス写像に基づいた有限精度の1対1写像を実現し,それにより得られる系列にデシメーションを施す符号構成法を提案する.有限精度の1対1写像から得られる系列のうち最大周期となる系列は,周期 に対し ~ の値を一様に使用する多値系列となる.また,最大周期系列を初期系列と定め,デシメーションを施した系列は,系列間の巡回シフトに対する値の一致数を に固定できる.生成された系列のハミング距離,ホッピング距離について検討し,FH/SS用符号としての性能を評価した.さらに,FH/CDMA方式における計算機シミュレーションを行い,リードソロモン(Reed-Solomon:RS)系列との比較により本方式による符号が有効であることを確認した. 
(英) In this paper, we propose a generating method of frequency hopping codes for spread-spectrum communication. The proposed codes are generated in the following steps. First, the random sequences are acquired by using the 1 to 1 chaotic mapping of limited accuracy. Secondly, the maximal-period sequences are selected from the chaotic random sequences. Thirdly, the maximal-period sequence is used as the initial sequence, and the initial sequence is decimated by the operation of mod . The obtained
codes have the good features. Namely the numbers of to are distributed uniformly, and the coincidence number between two codes is one for the cyclic shift. We examined also the hamming distance and the hopping distance of the proposed codes. The performance as the codes for FH/SS system is good. Moreover, computer simulation by comparison with Reed Solomon sequences show that the proposed codes are effective for FH/CDMA system.
キーワード (和) カオス写像 / デシメーション / ホッピング距離 / FH/CDMA / RS系列 / / /  
(英) Chaotic Mapping / Decimation / Hopping Distance / FH/CDMA / Reed-Solomon Sequence / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 721, CS2004-234, pp. 7-12, 2005年3月.
資料番号 CS2004-234 
発行日 2005-03-08 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CAS SIP  
開催期間 2005-03-14 - 2005-03-15 
開催地(和) 岡山県立大学 
開催地(英) Okayama Prefectural University 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ、通信のための信号処理、符号理論、一般 
テーマ(英) Network processors, signal processing for communications, coding theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2005-03-CS-CAS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カオス写像とデシメーションを用いた周波数ホッピング方式(FH/SS)用符号の一構成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Generating Method of Frequency Hopping Codes Using Chaotic Mapping and Decimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス写像 / Chaotic Mapping  
キーワード(2)(和/英) デシメーション / Decimation  
キーワード(3)(和/英) ホッピング距離 / Hopping Distance  
キーワード(4)(和/英) FH/CDMA / FH/CDMA  
キーワード(5)(和/英) RS系列 / Reed-Solomon Sequence  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上野 福司 / Fukushi Ueno /
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学大学院 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 逸雄 / Itsuo Sasaki /
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学大学院 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 一弘 / Kazuhiro Aoki /
第3著者 所属(和/英) 大阪府立工業高等専門学校電子情報工学科 (略称: 阪府高専)
Osaka Prefectural College of Thechnology (略称: Osaka Prefectual Coll. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-03-15 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2004-98,IEICE-SIP2004-141,IEICE-CS2004-234 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.717(CAS), no.719(SIP), no.721(CS) 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2005-03-08,IEICE-SIP-2005-03-08,IEICE-CS-2005-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会