電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-03-15 14:00
変形テントマップを用いたディジタル方式カオス同期通信法の一提案
井谷良太藤林則孝佐々木逸雄阪府大)・青木一弘阪府高専
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ペコラとキャロルの研究以来,カオスの同期性を通信に適用する研究が注目されている.カオスを通信に利用することは,その予測不可能な性質から秘匿性に優れているという利点がある.しかし,従来のカオス同期法はアナログ信号により同期を実現しているため,雑音に弱いという問題点を持つ.本研究では,カオス写像に変形テントマップを用い,情報信号を駆動信号として用いることで,ディジタル的なカオス同期の手法を提案し,その通信システムへの適用を図った.シミュレーション実験により明らかになった問題点とその改善法も紹介する. 
(英) Recently, there has been much interest in utilizing chaotic mapping to implement a secure communication system. In this paper, we propose a novel digital secure communication system by using a skew tent map for chaotic mapping.
The feature of proposed system is that the transmitter and receiver both contain the chaotic map with a parameter which is driven by an information signal. We show by computer simulation that the proposed scheme provides better results in the synchronized property and the bit error rate (BER) characteristics.
キーワード (和) カオス同期 / 変形テントマップ / BER特性 / 秘匿通信 / / / /  
(英) chaotic synchronization / skew tent map / bit error rate / secure communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 717, CAS2004-114, pp. 99-102, 2005年3月.
資料番号 CAS2004-114 
発行日 2005-03-08 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CAS SIP  
開催期間 2005-03-14 - 2005-03-15 
開催地(和) 岡山県立大学 
開催地(英) Okayama Prefectural University 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ、通信のための信号処理、符号理論、一般 
テーマ(英) Network processors, signal processing for communications, coding theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2005-03-CS-CAS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 変形テントマップを用いたディジタル方式カオス同期通信法の一提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of Digital Chaotic Communication System by Using Modified Tent Mapping 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス同期 / chaotic synchronization  
キーワード(2)(和/英) 変形テントマップ / skew tent map  
キーワード(3)(和/英) BER特性 / bit error rate  
キーワード(4)(和/英) 秘匿通信 / secure communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井谷 良太 / Ryota Itani / イタニ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学大学院 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤林 則孝 / Noritaka Fujibayashi / フジバヤシ ノリタカ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学大学院 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 逸雄 / Itsuo Sasaki / ササキ イツオ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学大学院 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 一弘 / Kazuhiro Aoki / アオキ カズヒロ
第4著者 所属(和/英) 大阪府立工業高等専門学校 (略称: 阪府高専)
Osaka Prefectural College of Technology (略称: Osaka Prefectural Coll. of Tec.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-03-15 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2004-114,IEICE-SIP2004-157,IEICE-CS2004-250 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.717(CAS), no.719(SIP), no.721(CS) 
ページ範囲 pp.99-102 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2005-03-08,IEICE-SIP-2005-03-08,IEICE-CS-2005-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会