電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-03-15 10:45
RC-LDPC符号のレート推定復号法に関する検討
吉川智康辻岡哲夫杉山久佳村田 正阪市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,LDPC符号のレートを可変にし,通信路の状態変化に応じて適切なレートを柔軟に選択できるRate-Compatible LDPC(RC-LDPC)符号が注目を集めている.しかし,このRC-LDPC符号を用いるときは,予め送受信間でレートを決めておかなければならないため,柔軟性に欠ける問題を有している.本稿では,送信側が符号語ごとにレートを自由に選択した場合であっても,受信側で事後対数尤度比(LLR)を用いて可能な限りレートを正しく推定するレート推定復号法を提案する.計算機シミュレーションにより,事後LLRを用いてレートを推定することで,レート推定の正確性が向上することを示す.また,提案方式の適用により,計算量の削減にもつながることを示す. 
(英) Recently, Rate-Compatible LDPC (RC-LDPC) codes are attractive research topics on channel coding. RC-LDPC codes provide various coding rates and users can select suitable code rates according to channel conditions. However, RC-LDPC codes have a disadvantage that transmitter should notify the code rate to the receiver as a side-information. In this paper, we proposed a rate estimation technique that the receiver can estimate used code rate based on posteriori log-likelihood ration (LLR) even if transmitter selects code rates randomly. Computer simulation results show that proposed technique can improve performance of rate estimation of RC-LDPC codes. Moreover, it is obtained that complexity of computation can be reduced.
キーワード (和) 低密度パリティ検査(LDPC)符号 / レート推定復号法 / レート可変LDPC符号 / 擬似巡回符号 / / / /  
(英) Low-Density Parity-Check (LDPC) codes / Rate Estimation Technique / Rate-Compatible LDPC codes / Quasi-Cyclic codes / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 721, CS2004-236, pp. 19-24, 2005年3月.
資料番号 CS2004-236 
発行日 2005-03-08 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CAS SIP  
開催期間 2005-03-14 - 2005-03-15 
開催地(和) 岡山県立大学 
開催地(英) Okayama Prefectural University 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ、通信のための信号処理、符号理論、一般 
テーマ(英) Network processors, signal processing for communications, coding theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2005-03-CS-CAS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) RC-LDPC符号のレート推定復号法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Rate Estimation Technique of Rate-Compatible LDPC Codes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 低密度パリティ検査(LDPC)符号 / Low-Density Parity-Check (LDPC) codes  
キーワード(2)(和/英) レート推定復号法 / Rate Estimation Technique  
キーワード(3)(和/英) レート可変LDPC符号 / Rate-Compatible LDPC codes  
キーワード(4)(和/英) 擬似巡回符号 / Quasi-Cyclic codes  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 智康 / Tomoyasu Yoshikawa / ヨシカワ トモヤス
第1著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻岡 哲夫 / Tetsuo Tsujioka / ツジオカ テツオ
第2著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 久佳 / Hisayoshi Sugiyama / スギヤマ ヒサヨシ
第3著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正 / Masashi Murata / ムラタ マサシ
第4著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-03-15 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2004-100,IEICE-SIP2004-143,IEICE-CS2004-236 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.717(CAS), no.719(SIP), no.721(CS) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2005-03-08,IEICE-SIP-2005-03-08,IEICE-CS-2005-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会