電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-03-14 12:30
イーサネットを用いた同期型通信
雨海明博青木美奈勝本道哲NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 音声ストリームを複数のノードに対して低遅延で配信し,同一タイミングで再生するには,同期型通信による一定レートのデータ転送を保証する必要がある.
一般に,IEEE1394のアイソクロナスモードのような同期型通信をサポートする物理層が利用されるが,イーサネット上で同期型通信を実現できれば,より長い通信距離を確保できると同時に,汎用性のある通信路として利用できる.本研究では,イーサネット上で同期型通信を行い,ノード間再生時間差1μs以下,通信間隔125μsを実現した. 
(英) It is necessary to guarantee the constant-rate data transfer by a synchronous communication to deliver the streaming contents to multiple nodes in very low latency.
Generally, a physical layer which supports a synchronous communication like an isochronous mode of IEEE1394 is used for that purpose. However, if a synchronous communication can be achieved on Ethernet, a much longer network cable can be used, and it is possible to use it as a more generic communication channel.
In this research, an isochronous packet processing on Ethernet is realized. Its accuracy of synchronization is less than 1us, and transmission cycle is 125us.
キーワード (和) イーサネット / 同期型通信 / リアルタイム通信 / / / / /  
(英) ethernet / synchronized communication / realtime communication / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 720, CS2004-217, pp. 1-6, 2005年3月.
資料番号 CS2004-217 
発行日 2005-03-07 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS CAS SIP  
開催期間 2005-03-14 - 2005-03-15 
開催地(和) 岡山県立大学 
開催地(英) Okayama Prefectural University 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ、通信のための信号処理、符号理論、一般 
テーマ(英) Network processors, signal processing for communications, coding theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2005-03-CS-CAS-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) イーサネットを用いた同期型通信 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Isochronous packet transmission on ethernet 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) イーサネット / ethernet  
キーワード(2)(和/英) 同期型通信 / synchronized communication  
キーワード(3)(和/英) リアルタイム通信 / realtime communication  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 雨海 明博 / Akihiro Amagai / アマガイ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) (独)情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 美奈 / Mina Aoki / アオキ ミナ
第2著者 所属(和/英) (独)情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 勝本 道哲 / Michiaki Katsumoto / カツモト ミチアキ
第3著者 所属(和/英) (独)情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-03-14 12:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2004-81,IEICE-SIP2004-124,IEICE-CS2004-217 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.716(CAS), no.718(SIP), no.720(CS) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2005-03-07,IEICE-SIP-2005-03-07,IEICE-CS-2005-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会