お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-03-04 15:25
Utilities of Spaceborne Microwave Radiometer and its Protection -- Sharing Studies between AMSR and point-to-point fixed service stations --
Korehiro MaedaJAXA
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Spaceborne microwave radiometer is very useful to monitor global water circulation. These utilities have been verified by using AMSR-E mounted on AQUA and AMSR mounted on ADEOS-II. However, harmful interference causes much degradation of performance of these radiometers. Therefore, there are various agenda items for WRC (World Radiocommunication Conference) and questions for ITU-R in order to protect observation spectra from other service stations such as fixed / mobile services and UWB system for communication and radar, and to conduct sharing and compatibility studies in order to find proper sharing conditions. In this paper, how to use various spectra of microwave radiometer in order to derive physical parameter related with water circulation is shown. World wide deployment model of fixed service stations and new reference antenna pattern of microwave radiometer are proposed and used to conduct sharing studies between spaceborne microwave radiometer and point-to-point fixed service stations. As a result of these studies, it was found that minimizing the sidelobe level of antenna pattern of spaceborne microwave radiometer contributes to good sharing.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Spaceborne microwave radiometer / AMSR / AMSR-E / WRC / Fixed service / sharing study / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 698, SANE2004-113, pp. 73-78, 2005年3月.
資料番号 SANE2004-113 
発行日 2005-02-25 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2005-03-03 - 2005-03-05 
開催地(和) KARI, 大田, 韓国 
開催地(英) KARI, Daejeon, Korea 
テーマ(和) 宇宙・航行エレクトロニクス 合同ワークショップ 
テーマ(英) Joint workshop for Space, Aeronautical and Navigational Engineering 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2005-03-SANE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Utilities of Spaceborne Microwave Radiometer and its Protection 
サブタイトル(英) Sharing Studies between AMSR and point-to-point fixed service stations 
キーワード(1)(和/英) / Spaceborne microwave radiometer  
キーワード(2)(和/英) / AMSR  
キーワード(3)(和/英) / AMSR-E  
キーワード(4)(和/英) / WRC  
キーワード(5)(和/英) / Fixed service  
キーワード(6)(和/英) / sharing study  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Korehiro Maeda / Korehiro Maeda /
第1著者 所属(和/英) Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-03-04 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2004-113 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.698 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2005-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会