お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-03-04 12:50
XOR演算に基づく前方誤り訂正符号を用いた高信頼マルチキャストにおける再送方式の提案
佐々木 力長谷川輝之KDDI研)・小林 修KDDI)・阿野茂浩長谷川 亨KDDI研
抄録 (和) インターネットやモバイル網でのマルチキャスト配信を対象としたFEC (Forward Error Correction) 方式として,XOR演算に基づいたerasure codes が注目されている.特に,LT符号(Luby Transform 符号)は,配信時間拡大に伴い信頼性が向上し,通信品質が一様でないマルチキャスト環境に有効である.しかしながら,サービス提供上の制約からマルチキャスト配信時間が予め固定される場合,全受信者への配信完了を保証するための再送手段が必要となる.本稿では,LT符号を適用したマルキャストで一定時間コンテンツを配信し,以降は適切なユニキャスト再送で信頼性を確保する方式を提案し,その有効性を計算機シミュレーションにより示す. 
(英) Erasure codes based-on XOR operation are promising candidates as FEC (Forward Error Correction) mechanisms for reliable multicast contents distribution over the Internet or mobile networks. Especially LT codes (Luby Transform codes) give higher reliability by expanding the receiving time at each client. Therefore LT codes are effective in the multicast environment where each client has heterogeneous communication quality. However, multicast transmission time can be restricted due to some operational reasons considering multicast resource efficiency so that some retransmission mechanism is required to assure all clients of download completion. In this paper, we propose a unicast retransmission mechanism for multicast contents distribution based on LT codes with such transmission time restriction. We also confirm the efficiency of proposal mechanism applying to LT codes by computer simulation.
キーワード (和) 高信頼マルチキャスト / ユニキャスト再送 / 前方誤り訂正 / Erasure Codes / XOR演算 / LT符号 / /  
(英) Reliable Multicast / Unicast Retransmission / FEC / Erasure Codes / XOR Operation / LT Codes / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 690, NS2004-288, pp. 223-226, 2005年3月.
資料番号 NS2004-288 
発行日 2005-02-25 (NS, IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2005-03-03 - 2005-03-04 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル(沖縄) 
開催地(英) Okinawa Zanpa-misaki Royal 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Network Systems, Information Network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2005-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) XOR演算に基づく前方誤り訂正符号を用いた高信頼マルチキャストにおける再送方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Unicast Retransmission Mechanism for Reliable Multicast with XOR-based FEC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高信頼マルチキャスト / Reliable Multicast  
キーワード(2)(和/英) ユニキャスト再送 / Unicast Retransmission  
キーワード(3)(和/英) 前方誤り訂正 / FEC  
キーワード(4)(和/英) Erasure Codes / Erasure Codes  
キーワード(5)(和/英) XOR演算 / XOR Operation  
キーワード(6)(和/英) LT符号 / LT Codes  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 力 / Chikara Sasaki / ササキ チカラ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs. Inc.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 輝之 / Teruyuki Hasegawa / ハセガワ テルユキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs. Inc.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 修 / Kobayashi / コバヤシ オサム
第3著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿野 茂浩 / Shigehiro Ano / アノ シゲヒロ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs. Inc.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 亨 / Toru Hasegawa / ハセガワ トオル
第5著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Labs. Inc.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-03-04 12:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2004-288,IEICE-IN2004-288 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.690(NS), no.692(IN) 
ページ範囲 pp.223-226 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2005-02-25,IEICE-IN-2005-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会