電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-03-04 10:50
ネットワーク負荷を考慮したCDN設計法
池田大輔片山久嗣中庭明子榎原博之岡田博美関西大
抄録 (和) 近年インターネットの発展に伴い、CDN(Content Distribution Networks)が注目されている。CDN においては、アクセスの多いコンテンツを分散配置することにより、システムの負荷分散を実現する。我々はこれまでファイル配置問題に対し、簡易ミラー法を提案してきた。しかし、QoS を満たすサービスを提供するためには、ファイル配置だけでなくリンク容量も含めたネットワークの設計が重要な課題となる。本研究ではファイル配置問題とネットワーク設計を含めたCDN 設計法について提案を行う。 
(英) Content Distribution Networks (CDNs) has been paid to attention as the Internet develops in recent years. In CDNs, the load balancing of the system is achieved by content allocation and mirroring. We have proposed the Simple Mirror method for the content allocation problem. However, a content allocation and a network design are thought as an important problem in CDNs. In this paper, we propose a CDNs design method including a contents allocation and a network design.
キーワード (和) CDN / インターネット / 負荷分散 / ファイル配置 / ネットワーク設計 / / /  
(英) CDNs / Internet / load balancing / content allocation / network design / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 692, IN2004-281, pp. 185-190, 2005年3月.
資料番号 IN2004-281 
発行日 2005-02-25 (NS, IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2005-03-03 - 2005-03-04 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル(沖縄) 
開催地(英) Okinawa Zanpa-misaki Royal 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Network Systems, Information Network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2005-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワーク負荷を考慮したCDN設計法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A CDNs Design Method in Consideration of Network Load 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CDN / CDNs  
キーワード(2)(和/英) インターネット / Internet  
キーワード(3)(和/英) 負荷分散 / load balancing  
キーワード(4)(和/英) ファイル配置 / content allocation  
キーワード(5)(和/英) ネットワーク設計 / network design  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 大輔 / Daisuke Ikeda / イケダ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 久嗣 / Hisashi Katayama / カタヤマ ヒサシ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中庭 明子 / Akiko Nakaniwa / ナカニワ アキコ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎原 博之 / Hiroyuki Ebara / エバラ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 博美 / Hiromi Okada / オカダ ヒロミ
第5著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-03-04 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-NS2004-281,IEICE-IN2004-281 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.690(NS), no.692(IN) 
ページ範囲 pp.185-190 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2005-02-25,IEICE-IN-2005-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会