お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-02-24 15:40
フラクタル画像符号化を用いたテクスチャ平面の傾斜角推定
新宅景二和田俊和呉 海元和歌山大
抄録 (和) フラクタル画像符号化では,画像中の局所パターンの共起性に基づいて符号化を行う.このため,均一なテクスチャパターンを持つ平面の場合,傾斜した平面の画像よりも正面から撮影した平面の画像に対する符号化効率が良い.この性質を利用することにより,平面の傾き推定が行える.本稿では,このような平面を撮影した実画像や生成画像に対して,フラクタル画像符号化に基づいて画像圧縮を行った際の符号化効率の指標について検討し,平面の傾き推定に適した指標の計算方法を提案する. 
(英) Fractal coding is based on the assumption of self-affinity. In image coding, blocks of an image can be approximated by extracting larger blocks from elsewhere in the image. For that reason, in the plane with a homogeneous texture pattern, a front image can code more efficiently than the inclined image. In this paper, we examine the index of coding efficiency when performing image compression with fractal picture coding. And then, we propose an algorithm to estimate the plane orientation. Through various experiments with generated images and real images, we confirmed our method is effective.
キーワード (和) 平面の傾斜角度推定 / 情報理論 / フラクタル画像符号化 / / / / /  
(英) Estimating Plane Orientation / Information Theory / Fractal Image Coding / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 669, PRMU2004-193, pp. 85-90, 2005年2月.
資料番号 PRMU2004-193 
発行日 2005-02-17 (NLC, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 PRMU NLC  
開催期間 2005-02-24 - 2005-02-25 
開催地(和) 国立情報学研究所 
開催地(英)  
テーマ(和) 学習理論とパターン認識メディア理解,機械学習による自然言語処理・言語処理を利用したメディア理解,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2005-02-PRMU-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フラクタル画像符号化を用いたテクスチャ平面の傾斜角推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimating Texrure Plane Orientation With Fractal Image Encoding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 平面の傾斜角度推定 / Estimating Plane Orientation  
キーワード(2)(和/英) 情報理論 / Information Theory  
キーワード(3)(和/英) フラクタル画像符号化 / Fractal Image Coding  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新宅 景二 / Keiji Shintaku / シンタク ケイジ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 俊和 / Toshikazu Wada / ワダ トシカズ
第2著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 呉 海元 / Haiyuan Wu / ゴ カイゲン
第3著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-02-24 15:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-NLC2004-111,IEICE-PRMU2004-193 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.667(NLC), no.669(PRMU) 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLC-2005-02-17,IEICE-PRMU-2005-02-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会