電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-02-17 15:40
カージオイドアンテナを用いた電波方向探知アルゴリズム
平田和史宮下裕章三菱電機)・真野清司太洋無線
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) カージオイドアンテナ(単向指向性アンテナ)は指向性の前後比(F/B比)が高いことから電波方向探知などに利用される.本報告では,広帯域な電波方向探知を高精度に行うため,カージオイドアンテナとオムニアンテナの受信電力差を用いた電波方向探知アルゴリズムを提案した.提案アルゴリズムでは,方位評価関数として電力差の逆数を用いることで電波の入射方向において急峻なピークを得ることができ高精度な方向探知を行うことができる.最後にシミュレーションによりS/Nに対する方向探知精度について性能評価を行ない,S/Nが10dBのとき1deg程度の方向探知精度が得られることを確認した.また,原理的にはF/B比が異なるカージオイドアンテナを用いても電波方向探知が可能であり,測定精度に与える影響も小さいことを確認した. 
(英) The cardioid Antenna is used for the DOA (Direction Of Arrival) estimation using the one directional property of this antenna. In this paper, we propose a DOA estimation algorithm using the cardioid antenna for the wideband incident wave with high accuracy. This algorithm uses the inverse of the power difference between the cardioid antenna and the omni directional antenna as the DOA evaluation function. The DOA evaluation function has very sharp peak at the direction of the incident wave. Therefore, the DOA is estimated with high accuracy by this algorithm. Simulation results have shown the effectiveness of the proposed algorithm.
キーワード (和) カージオイドアンテナ / オムニアンテナ / 広帯域 / 電波方向探知 / F/B比 / アルゴリズム / /  
(英) Cardioid Antenna / Omni Directional Antenna / Wide Band / DOA Estimation / F/B ratio / Algorithm / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 657, AP2004-235, pp. 73-78, 2005年2月.
資料番号 AP2004-235 
発行日 2005-02-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2005-02-17 - 2005-02-17 
開催地(和) NiCT 
開催地(英) NiCT 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2005-02-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カージオイドアンテナを用いた電波方向探知アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) DOA Estimation Algorithm Using a Cardioid Antenna 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カージオイドアンテナ / Cardioid Antenna  
キーワード(2)(和/英) オムニアンテナ / Omni Directional Antenna  
キーワード(3)(和/英) 広帯域 / Wide Band  
キーワード(4)(和/英) 電波方向探知 / DOA Estimation  
キーワード(5)(和/英) F/B比 / F/B ratio  
キーワード(6)(和/英) アルゴリズム / Algorithm  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平田 和史 / Kazufumi Hirata / ヒラタ カズフミ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮下 裕章 / Hiroaki Miyashita / ミヤシタ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 真野 清司 / Seiji Mano / マノ セイジ
第3著者 所属(和/英) 太洋無線株式会社 (略称: 太洋無線)
Taiyo Musen Co., Ltd. (略称: Taiyo Musen Co., Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-02-17 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2004-235 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.657 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2005-02-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会