お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-02-03 17:00
データマイニング手法を利用した画像印象分析と商品開発への応用
遠藤栄一苗木康代大場輝子遠藤食品)・佐藤美恵春日正男宇都宮大
抄録 (和) 本研究は、感性的観点から商品の画像等に対する印象分析と商品開発への応用例を述べたものである。この観点に基づき、食品の中の漬物を題材にして、最終的に人間が評価し、楽しく食する、との基本的考え方からの商品開発を試みている。まず、感性的観点から、消費者にアピールする商品の嗜好をアンケート方式でのデータ収集により調査し、商品に関する重要な項目であるパラメータを抽出する。そして、これらのパラメータを可変し、変更したデータによる結果を統計的手法により解析し、この結果を基に、新たな開発手法による商品の市場での反応を試行することを目的とする。 
(英) This research describes the analysis of emotional impressions based on a view point of Kansei to outer views of the goods and its application to development for goods production. From this point of view, we are especially focusing on the pickles and are going to attempt new product development based on the basic notion that people ultimately evaluate and consume such items, the pickles, on their emotional analysis such as Kansei. First, tastes in products that appeal to consumers shall be investigated by gathering many questionnaire data through the use of a survey. Next, parameters in line with important headings relating to such products will be extracted by analysis of those data. We will then aim to treat these parameters as variables, and analyze the results arising from modified data using a statistical method. On this research, we are going to try for better reactions of the market to products created using a new development method on these results.
キーワード (和) データマイニング / 感性 / 印象分析 / 商品開発 / / / /  
(英) data mining / Kanse / impression analysis / product development / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 648, IE2004-197, pp. 133-136, 2005年2月.
資料番号 IE2004-197 
発行日 2005-01-27 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IE ITS ITE-AIT ITE-ME  
開催期間 2005-02-03 - 2005-02-04 
開催地(和) NHK札幌,市民会館,かでる27 
開催地(英)  
テーマ(和) ITS画像処理,映像メディアおよび一般(IE, ITS,ITE,SID日本支部共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2005-02-IE-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データマイニング手法を利用した画像印象分析と商品開発への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of goods production based on image impression analysis using data mining 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) データマイニング / data mining  
キーワード(2)(和/英) 感性 / Kanse  
キーワード(3)(和/英) 印象分析 / impression analysis  
キーワード(4)(和/英) 商品開発 / product development  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 栄一 / Eiichi Endo / エンドウ エイイチ
第1著者 所属(和/英) 遠藤食品株式会社 (略称: 遠藤食品)
Endo Foods Co.,Ltd (略称: Endo Foods Co.,Ltd)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 苗木 康代 / Yasuyo Naeki / ナエキ ヤスヨ
第2著者 所属(和/英) 遠藤食品株式会社 (略称: 遠藤食品)
Endo Foods Co.,Ltd (略称: Endo Foods Co.,Ltd)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大場 輝子 / Teruko Ohba / オオバ テルコ
第3著者 所属(和/英) 遠藤食品株式会社 (略称: 遠藤食品)
Endo Foods Co.,Ltd (略称: Endo Foods Co.,Ltd)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 美恵 / Mie Sato / サトウ ミエ
第4著者 所属(和/英) 宇都宮大学大学院工学研究科 (略称: 宇都宮大)
Graduate School of Engineering, Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 春日 正男 / Masao Kasuga / カスガ マサオ
第5著者 所属(和/英) 宇都宮大学大学院工学研究科 (略称: 宇都宮大)
Graduate School of Engineering, Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-02-03 17:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-ITS2004-63,IEICE-IE2004-197 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.646(ITS), no.648(IE) 
ページ範囲 pp.133-136 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ITS-2005-01-27,IEICE-IE-2005-01-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会