お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-01-28 14:20
IEEE802.11nにおける高効率再送選択方式Compressed Block Ackの提案
中島 徹足立朋子西林泰如宇都宮依子旦代智哉高木雅裕東芝
抄録 (和) 米国の無線LAN標準化委員会IEEE802.11では,無線LANのHigh Throughputの規格としてMAC-SAPで100Mbps達成を目指してIEEE802.11nの標準化が進められている.IEEE802.11nでは,既存のIEEE802.11のMACでのオーバーヘッド削減の為に,複数のMACフレームを一つのPHYフレームに結合して送信するFrame Aggregation方式が提案されている.本提案では,Frame AggregationでのSR(selective repeat)方式として,IEEE802.11eのBlock Ack方式を高効率化したCompressed Block Ack方式を提案する.Frame AggregationでのSR(selective repeat)方式として,従来のIEEE802.11eのBlock Ack方式を用いた場合と本提案手法であるCompressed Block Ack方式を用いた場合の2方式を,IEEE802.11nのUsage Modelsに基づく計算機シミュレーションを行い,結果に関して考察する. 
(英) The standardization of IEEE802.11n which is aimed to achieve 100Mbps at MAC-SAP is under work in IEEE802.11, Wireless LAN standardization committee. The Frame Aggregation scheme in which MAC frames are aggregated into one PHY frame is proposed for IEEE802.11n, because it decreases MAC overhead. In this paper, we propose a Compressed Block Ack method as a selective repeat mechanism to be adapted to the Frame Aggregation scheme. We present simulation results to compare performance of the Compressed Block Ack method and the Legacy Block Ack of IEEE802.11e and show that our method is more efficient.
キーワード (和) IEEE802.11n / 100Mbps / Aggregation / BlockAck / Compressed / / /  
(英) IEEE802.11n / 100Mbps / Aggregation / BlockAck / Compressed / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 599, RCS2004-301, pp. 65-70, 2005年1月.
資料番号 RCS2004-301 
発行日 2005-01-21 (CS, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS CS  
開催期間 2005-01-26 - 2005-01-28 
開催地(和) 琉球大学 
開催地(英) University of the Ryukyus 
テーマ(和) ブロードバンド無線アクセス技術,IPをサポートする無線アクセス技術,光無線システム,無線通信一般,およびRCS/CS各研究会一般テーマ 
テーマ(英) Broadband Wireless Access Techniques, Wireless Access Technologies for IP Networks, Optical Wireless Systems, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2005-01-RCS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IEEE802.11nにおける高効率再送選択方式Compressed Block Ackの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Compressed Block Ack, an efficient selective repeat mechanism for IEEE802.11n 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE802.11n / IEEE802.11n  
キーワード(2)(和/英) 100Mbps / 100Mbps  
キーワード(3)(和/英) Aggregation / Aggregation  
キーワード(4)(和/英) BlockAck / BlockAck  
キーワード(5)(和/英) Compressed / Compressed  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 徹 / Tetsu Nakajima / ナカジマ テツ
第1著者 所属(和/英) (株)東芝 研究開発センター (略称: 東芝)
Corporate R&D Center, Toshiba Corporation (略称: Toshiba Crop.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 足立 朋子 / Tomoko Adachi / アダチ トモコ
第2著者 所属(和/英) (株)東芝 研究開発センター (略称: 東芝)
Corporate R&D Center, Toshiba Corporation (略称: Toshiba Crop.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西林 泰如 / Yasuyuki Nishibayashi / ニシバヤシ ヤスユキ
第3著者 所属(和/英) (株)東芝 研究開発センター (略称: 東芝)
Corporate R&D Center, Toshiba Corporation (略称: Toshiba Crop.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇都宮 依子 / Yoriko Utsunomiya / ウツノミヤ ヨリコ
第4著者 所属(和/英) (株)東芝 研究開発センター (略称: 東芝)
Corporate R&D Center, Toshiba Corporation (略称: Toshiba Crop.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 旦代 智哉 / Tomoya Tandai / タンダイ トモヤ
第5著者 所属(和/英) (株)東芝 研究開発センター (略称: 東芝)
Corporate R&D Center, Toshiba Corporation (略称: Toshiba Crop.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 雅裕 / Masahiro Takagi / タカギ マサヒロ
第6著者 所属(和/英) (株)東芝 研究開発センター (略称: 東芝)
Corporate R&D Center, Toshiba Corporation (略称: Toshiba Crop.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-01-28 14:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-CS2004-194,IEICE-RCS2004-301 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.596(CS), no.599(RCS) 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2005-01-21,IEICE-RCS-2005-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会