電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-01-26 14:00
アンダーサンプリングにおけるサンプリング周波数選択方法の検討
佐原直宏中大)・國澤良雄岩井誠人KDDI研)・白井 宏中大
抄録 (和) ソフトウェア無線機では,柔軟性を高めるためできるだけアンテナに近い位置にA/D変換器を置く構成が望ましい.それを実現する構成の一つとして,受信した信号を高周波のままサンプリングするRF(Radio Frequency)サンプリングが考えられる.RFサンプリングにおいて,ナイキストサンプリングやオーバーサンプリングを用いるとA/D変換器に高速性が要求される.そのため,サンプリング方式としてナイキスト周波数以下の周波数でサンプリングを行なうアンダーサンプリングを用いることで実現性が増すと考えられる.本稿では,一つのサンプリング周波数を用いたアンダーサンプリングにより,複数の異なる周波数帯域にあるシステムの信号を同時にサンプリングするためのサンプリング周波数選択方法を提示する.さらに,所望システム内の一つの伝送チャネルを受信する場合の,より低いサンプリング周波数選択方法の提案とその評価を行なう. 
(英) In software defined radio systems, it is desired to place the analog-to-digital converter (ADC) near the antenna part in the block diagram of the receiver, to improve the flexibility of the system. The radio frequency (RF) sampling method, in which the received signal is sampled at RF stage, realizes such structure. The RF sampling using the undersampling is a potential method to sample the RF signal using the existing consumer ADCs because the high speed ADC is required in the traditional methods, such as the nyquist sampling or the oversampling of the RF signal. This paper presents a technique to determine the minimum sampling frequency to undersample the separated multiple wireless systems simultaneously. In addition, this paper proposes a frequency selecting scheme which enables to select lower sampling frequency by receiving at least the desired transmission channels in the wireless system signals. This paper also provides the estimation of proposed scheme.
キーワード (和) ソフトウェア無線 / アンダーサンプリング / サンプリング周波数 / RFサンプリング / / / /  
(英) Software Defined Radio / Undersampling / Sampling Frequency / RF Sampling / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 597, RCS2004-251, pp. 91-96, 2005年1月.
資料番号 RCS2004-251 
発行日 2005-01-19 (CS, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RCS CS  
開催期間 2005-01-26 - 2005-01-28 
開催地(和) 琉球大学 
開催地(英) University of the Ryukyus 
テーマ(和) ブロードバンド無線アクセス技術,IPをサポートする無線アクセス技術,光無線システム,無線通信一般,およびRCS/CS各研究会一般テーマ 
テーマ(英) Broadband Wireless Access Techniques, Wireless Access Technologies for IP Networks, Optical Wireless Systems, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2005-01-RCS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アンダーサンプリングにおけるサンプリング周波数選択方法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sampling Frequency Selection Scheme in Undersampling Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェア無線 / Software Defined Radio  
キーワード(2)(和/英) アンダーサンプリング / Undersampling  
キーワード(3)(和/英) サンプリング周波数 / Sampling Frequency  
キーワード(4)(和/英) RFサンプリング / RF Sampling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐原 直宏 / Naohiro Sahara / サハラ ナオヒロ
第1著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 國澤 良雄 / Yoshio Kunisawa / クニサワ ヨシオ
第2著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 誠人 / Hisato Iwai / イワイ ヒサト
第3著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 白井 宏 / Hiroshi Shirai / シライ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-01-26 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-CS2004-144,IEICE-RCS2004-251 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.594(CS), no.597(RCS) 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2005-01-19,IEICE-RCS-2005-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会