電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-01-26 17:20
SD数演算を用いた剰余数系ー重み数系変換回路
小川由真陳 土爽清魏 書剛群馬大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) SD(Signed-Digit)数演算を剰余数演算に導入することにより、剰余数系にお
ける算術演算が高速に行われる。特に、$2^{p}\pm 1$ と $2^{p}$を法とした
場合、剰余数加算回路は、SD数加算回路に設計できる。本論文では、非重み数
系の剰余数系のSD数表現を重み数表現へ変換するため、SD数剰余演算を用いる。
設計したSD数演算の剰余数系ー重み数系の変換回路の高速性を、従来の2進数
演算による変換回路との比較により明らかにする。 
(英) By introducing a signed-digit(SD) number arithmetic into a residue number system (RNS), arithmetic operations can be performed efficiently. In the cases of modulu $m=2^{p} -1$, $2^p+1$ and $2^{p}$, the modulo $m$ addition can be implemented with an end-around-carry SD adder. In this study, we use the SD number arithmetic circuits to construct a residue-to-weighted converter. Compared with the binary number system by simulation, the proposed residue-to-weighted converter with the SD number representation has hign performance for large moduli.
キーワード (和) 剰余数系 / 重み数系 / 混合基数 / Signed-Digit(SD)数 / / / /  
(英) residue number system(RNS) / weighted number system / mixed-radix system / signed-digit(SD) number / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 590, VLD2004-123, pp. 79-84, 2005年1月.
資料番号 VLD2004-123 
発行日 2005-01-19 (VLD, CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CPSY VLD IPSJ-SLDM  
開催期間 2005-01-25 - 2005-01-26 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) FPGAとその応用および一般 
テーマ(英) FPGA and its Application, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2005-01-CPSY-VLD-IPSJ-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SD数演算を用いた剰余数系ー重み数系変換回路 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Architecture of RNS to Mixed-Radix Number Converter Using Signed-Digit Number Arithmetic 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 剰余数系 / residue number system(RNS)  
キーワード(2)(和/英) 重み数系 / weighted number system  
キーワード(3)(和/英) 混合基数 / mixed-radix system  
キーワード(4)(和/英) Signed-Digit(SD)数 / signed-digit(SD) number  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 由真 / Yumi Ogawa / オガワ ユミ
第1著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 土爽清 / Shuangching Chen /
第2著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 魏 書剛 / Shugang Wei /
第3著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-01-26 17:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2004-123,IEICE-CPSY2004-89 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.590(VLD), no.592(CPSY) 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2005-01-19,IEICE-CPSY-2005-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会