お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-01-24 13:50
リスク回避のためのセンサーネットワークによる人間行動抽出
栗原 聡青柳滋己阪大)・福田健介NTT)・廣津登志夫豊橋技科大)・高田敏弘菅原俊治NTT)・沼尾正行阪大
抄録 (和) (事前公開アブストラクト) センサーネットワークにより,日常生活における様々なリスク回避を行うシステムの提案を行う.(1)実環境に対して様々なセンサーから構成されるセンサーネットワークを設置し,人間の日常生活における習慣的な行動パターンを学習を行う部分と,(2)モニタやアクチュエータ,照明や家電の自動制御機構を環境に組み込み,得られた学習データに基づいてリスク回避のための効率的な人間へのインタラクションを行う部分から構成される.個人ごとの行動パターンに基づいた最適なインタラクションを行うことで,人の行動を干渉することのないリスク回避を目指している. 
(英) (Advance abstract in Japanese is available)
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 587, KBSE2004-29, pp. 31-36, 2005年1月.
資料番号 KBSE2004-29 
発行日 2005-01-17 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 KBSE JSAI-KBS  
開催期間 2005-01-24 - 2005-01-25 
開催地(和) 慶應義塾大学日吉キャンパス 
開催地(英) Keio University 
テーマ(和) セマンティックWebとソフトウェア工学,一般 
テーマ(英) Semantic Web and Software Enginnering, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2005-01-KBSE-JSAI-KBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リスク回避のためのセンサーネットワークによる人間行動抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Human behavior detection by sensor-network system as risk management 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗原 聡 / Satoshi Kurihara / クリハラ サトシ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青柳 滋己 / Shigemi Aoyagi /
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 健介 / Kensuke Fukuda /
第3著者 所属(和/英) NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Labs (略称: NTT NI Lab.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣津 登志夫 / Toshio Hirotsu /
第4著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 敏弘 / Toshihiro Takada /
第5著者 所属(和/英) NTTコミュニケーション科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Communication Science Labs. (略称: NTT CS Lab.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 俊治 / Toshiharu Sugawara /
第6著者 所属(和/英) NTTコミュニケーション科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Communication Science Labs. (略称: NTT CS Lab.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 沼尾 正行 / Masayuki Numao /
第7著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-01-24 13:50:00 
発表時間 40 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2004-29 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.587 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2005-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会