電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-01-21 09:25
フィードフォワード形ブラインド信号源分離における信号歪み抑制学習法
堀田明秀中山謙二平野晃宏出島康宏金沢大
抄録 (和) ブラインド形信号源分離(BSS)に関して,フィードフォワード形(FF)BSSとフィードバック形
(FB)BSSの分離特性と信号歪みについて解析した.まず,信号歪みの評価方法を提案した.次に,
FF-BSSにおいて,信号源分離と信号歪みなしの条件を求め,これを時間領域の学習に組み込む方法
を提案した.次に,FF-BSSの周波数領域における学習法を解析し,分離回路のスペクトルが観測信
号のスペクトルによってマスクされる効果があることを示し,信号歪みが生じにくいことを明らか
にした.FB-BSSにおいては,信号源分離と信号歪みなしの条件を同時に満たす唯一の解が存在する
ことを明らかにした.これにより,信号源分離が進むと同時に信号歪みも低減される.以上の理論
的な解析と新しい学習法の有効性をシミュレーションにより確認した. 
(英) Source separation and signal distortion in three kinds of BSSs with convolutive mixture are analyzed. They include a feedforward BSS, trained in the time domain and in the frequency domain, and a feedback BSS, trained in the time domain. First, an evaluation measure of signal distortion is discussed. Second, conditions for source separation and distortion free are derived. Based on these conditions, source separation and signal distortion in the three kinds of BSSs are analyzed. The feedforward BSS has some degree of freedom in the separation block, and the output spectrum can be changed. However, the feedforward BSS, trained in the frequency domain, has masking effect on frequency response of the separation block, and signal distortion can be suppressed. The feedforward BSS, trained in the time domain, does not have any constraints on signal distortion free. The output signals are easily distorted. A new learning algorithm with a distortion free constraint is proposed. On the other hand, the feedback BSS can satisfy both source separation and distortion free simaltaneously. Finally, the results of theoretical analysis are confirmed through simulation using 2 speech sources and 2 sensors.
キーワード (和) ブラインド信号源分離 / フィードフォワード / フィードバック / 周波数領域 / 時間領域 / 信号歪み / /  
(英) Blind source separation / Feedforward / Feedback / Frequency domain / Time domain / Signal distortion / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 559, SIP2004-111, pp. 7-12, 2005年1月.
資料番号 SIP2004-111 
発行日 2005-01-14 (SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP  
開催期間 2005-01-20 - 2005-01-21 
開催地(和) 名工大 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) 信号処理および一般 
テーマ(英) Signal Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2005-01-SIP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) フィードフォワード形ブラインド信号源分離における信号歪み抑制学習法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Signal Distortion Control Learning Algorithm for Feed-forward Blind Source Separation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブラインド信号源分離 / Blind source separation  
キーワード(2)(和/英) フィードフォワード / Feedforward  
キーワード(3)(和/英) フィードバック / Feedback  
キーワード(4)(和/英) 周波数領域 / Frequency domain  
キーワード(5)(和/英) 時間領域 / Time domain  
キーワード(6)(和/英) 信号歪み / Signal distortion  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀田 明秀 / Akihide Horita / ホリタ アキヒデ
第1著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 謙二 / Kenji Nakayama / ナカヤマ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 晃宏 / Akihiro Hirano / ヒラノ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 出島 康宏 / Yasuhiro Dejima / デジマ ヤスヒロ
第4著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-01-21 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-SIP2004-111 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.559 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2005-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会