お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-01-20 13:00
モバイルIPを用いた通信におけるQoSステート管理方法に関する提案
三田貴子上 豊樹松下電器)・程 洪陳 必耀Panasonic Singapore)・荒牧 隆松下電器
抄録 (和) リアルタイムアプリケーションのデータを,Mobile IPv6を用いる次世代のモバイルネットワークを通して送受信する場合,通信経路の変更をサポートしたQoS保証が重要な課題となる.現在IETFのNSISワーキンググループでは,既存のQoSシグナリングプロトコルが抱える問題点を改善した新しい仕様を設計するための議論が行われているが,Mobile IPv6を用いた通信における複雑な経路変更をサポートするためには,更なる議論が必要となる.
本稿では,Mobile IPv6を用いた通信に,NSISのシグナリングプロトコルを用いてQoSを与える際,複雑な経路変更への柔軟な対応を実現するQoSステート管理方法の一手法を提案する. 
(英) When real-time application data is exchanged through next-generation Mobile IPv6 networks, path-change adapted QoS support will be strongly expected. This paper proposes a method of preparing a flexible QoS state management supporting complicated path changes on Mobile IPv6. The proposal expands NSIS QoS mechanisms which are being discussed in IETF NSIS WG
キーワード (和) QoS / NSIS / Mobile IPv6 / 経路変更 / クロスオーバノード / / /  
(英) QoS / NSIS / Mobile IPv6 / Path change / crossover node / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 564, IN2004-144, pp. 1-6, 2005年1月.
資料番号 IN2004-144 
発行日 2005-01-13 (IN, TM, OIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 LOIS IN ICM  
開催期間 2005-01-20 - 2005-01-21 
開催地(和) 福岡工業大学 
開催地(英) Fukuoka Institute of Technology 
テーマ(和) オフィスアプリケーション・ネットワーキング・マネジメントおよび一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2005-01-OIS-IN-TM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルIPを用いた通信におけるQoSステート管理方法に関する提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A proposal for QoS State management on Mobile IP communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(2)(和/英) NSIS / NSIS  
キーワード(3)(和/英) Mobile IPv6 / Mobile IPv6  
キーワード(4)(和/英) 経路変更 / Path change  
キーワード(5)(和/英) クロスオーバノード / crossover node  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三田 貴子 / Takako Sanda / サンダ タカコ
第1著者 所属(和/英) 松下電器産業(株) (略称: 松下電器)
Matsushita Electric Industrial (Panasonic) (略称: Matsushita Electric (Panasonic))
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上 豊樹 / Toyoki Ue / ウエ トヨキ
第2著者 所属(和/英) 松下電器産業(株) (略称: 松下電器)
Matsushita Electric Industrial (Panasonic) (略称: Matsushita Electric (Panasonic))
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 程 洪 / Hong Cheng / チェン ホン
第3著者 所属(和/英) パナソニック・シンガポール研究所 (略称: Panasonic Singapore)
Panasonic Singapore Labs (略称: Panasonic Singapore)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 必耀 / Pek-Yew Tan / タン ペクユー
第4著者 所属(和/英) パナソニック・シンガポール研究所 (略称: Panasonic Singapore)
Panasonic Singapore Labs (略称: Panasonic Singapore)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒牧 隆 / Takashi Aramaki / アラマキ タカシ
第5著者 所属(和/英) 松下電器産業(株) (略称: 松下電器)
Matsushita Electric Industrial (Panasonic) (略称: Matsushita Electric (Panasonic))
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-01-20 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2004-144,IEICE-TM2004-67,IEICE-OIS2004-65 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.564(IN), no.566(TM), no.568(OIS) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2005-01-13,IEICE-TM-2005-01-13,IEICE-OIS-2005-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会