お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-01-18 15:15
高速アクセス用10Gbit/s CMOSバーストモードクロックデータ再生IC
木村俊二野河正史西村和好吉田智暁雲崎清美西原 晋大友祐輔NTTエレソ技報アーカイブへのリンク:ED2004-223 MW2004-230
抄録 (和) 将来の超高速アクセスネットワークへの適用を目指し、10 Gbit/s級バースト伝送用クロックデータ再生ICをCMOSプロセスを用いて試作した。一般にバースト伝送用のICは直流結合が基本となるが、本ICでは容量結合が可能な入力バッファを搭載し、さらにクロック再生回路のゲーティング回路に否定論理積回路を採用することでデューティー変動耐性を高めた。試作したICを搭載した評価基板は10.0 Gbit/sの速度で連続信号と非同期パケット信号の双方に対してエラーフリー動作し、非同期パケット信号に対しては16ビット以下のプリアンブルで位相同期が取れることを確認した。また、入力信号のデューティーが44~59%(PPGのデューティー可変幅上限)以上の範囲で動作し、消費電力は1.2 Wであった。 
(英) We fabricated a 10-Gbit/s burst-mode clock and data recovery IC with a CMOS process for future high-speed access networks. Key technologies of our circuit are an input buffer amplifier that offers capacitive coupling at the input port and a new bit gating circuit that improves the duty-cycle variation tolerance of the clock recovery circuit. Our fabricated IC test board achieved error-free operations for the continuous and the asynchronous-packet signals. In the burst mode, the measured number of minimum preamble bits was less than 16 and the receivable duty-cycle variation range was 44 to over 59%. A power consumption was 1.2 W.
キーワード (和) バースト伝送 / クロックデータ再生回路 / 瞬時同期回路 / ゲーテッドオッシレータ / ゲーティング回路 / 容量結合 / 入力バッファ / アクセスネットワーク  
(英) Burst-mode transmission / Clock and data recovery circuit / Instantaneous phase synchronization circuit / Gated oscillator / Gating circuit / Capacitive coupling / Input buffer amplifier / Access network  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 552, MW2004-230, pp. 65-70, 2005年1月.
資料番号 MW2004-230 
発行日 2005-01-11 (ED, MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2004-223 MW2004-230

研究会情報
研究会 MW ED  
開催期間 2005-01-17 - 2005-01-18 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 超高速・超高周波デバイスおよびIC/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2005-01-MW-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速アクセス用10Gbit/s CMOSバーストモードクロックデータ再生IC 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A 10-Gbit/s CMOS burst-mode clock and data recovery IC for high-speed access networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バースト伝送 / Burst-mode transmission  
キーワード(2)(和/英) クロックデータ再生回路 / Clock and data recovery circuit  
キーワード(3)(和/英) 瞬時同期回路 / Instantaneous phase synchronization circuit  
キーワード(4)(和/英) ゲーテッドオッシレータ / Gated oscillator  
キーワード(5)(和/英) ゲーティング回路 / Gating circuit  
キーワード(6)(和/英) 容量結合 / Capacitive coupling  
キーワード(7)(和/英) 入力バッファ / Input buffer amplifier  
キーワード(8)(和/英) アクセスネットワーク / Access network  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 俊二 / Shunji Kimura / キムラ シュンジ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野河 正史 / Masafumi Nogawa / ノガワ マサフミ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 和好 / Kazuyoshi Nishimura / ニシムラ カズヨシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 智暁 / Tomoaki Yoshida / ヨシダ トモアキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 雲崎 清美 / Kiyomi Kumozaki / クモザキ キヨミ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 西原 晋 / Susumu Nishihara / ニシハラ ススム
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 大友 祐輔 / Yusuke Ohtomo / オオトモ ユウスケ
第7著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-01-18 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-ED2004-223,IEICE-MW2004-230 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.550(ED), no.552(MW) 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ED-2005-01-11,IEICE-MW-2005-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会