お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-12-18 14:00
初等力学教育システムにおける反力デバイスの導入とその効果
岩根典之井上将道中村 学松原行宏広島市大
抄録 (和) VR技術を用いた教育とITSを用いた教育を統合して学習者が主体的に新しい知識を獲得できるような体験を重視したVR教育システムを構築している.特に,理科教育における発見的学習に着目して,初等力学を対象に反力デバイスを導入したシステムを開発し,その効果について予備実験を行った. 
(英) We have been building VR-based physics e-learning systems based on the framework which integrates VR technology and ITS. In these systems we focus on experiments and discovery learning especially in a scientific education. We had developed a virtual laboratory system for introductory mechanics with force-feed back device and fond an expected efficiency through a preliminary trial use.
キーワード (和) バーチャルリアリティ / ITS / 発見的学習 / / / / /  
(英) Virtual Reality / ITS / Discovery Learning / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 534, ET2004-84, pp. 67-72, 2004年12月.
資料番号 ET2004-84 
発行日 2004-12-11 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2004-12-18 - 2004-12-18 
開催地(和) 大分大学 
開催地(英)  
テーマ(和) e-Learning教育システムの成果と目指すべきもの/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2004-12-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 初等力学教育システムにおける反力デバイスの導入とその効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) VR-based physics e-learning system using force-feedback device and its effects 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バーチャルリアリティ / Virtual Reality  
キーワード(2)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(3)(和/英) 発見的学習 / Discovery Learning  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩根 典之 / Noriyuki Iwane / イワネ ノリユキ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 将道 / Masayuki Inoue / イノウエ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 学 / Manabu Nakamura / ナカムラ マナブ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 行宏 / Yukihiro Matsubara /
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-12-18 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2004-84 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.534 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2004-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会