電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-12-17 15:00
衛星放送における蓄積受信を用いた降雨減衰補償用伝送方式
山崎雷太今井一夫正源和義NHK
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 衛星放送は、激しい降雨によって映像の遮断が起こるため、筆者らは蓄積受信を用いた非リアルタイム放送系の降雨減衰補償用伝送方式を検討している。本稿の降雨減衰補償用伝送方式は、タイムダイバーシチ方式と長周期インターリーブ方式の発展形であるパリティ時差送信方式を対象とする。解析にはNHK放送技術研究所で観測している降雨減衰実測データを用い、情報効率が等価な場合の各方式の遅延時間と年間の総遮断時間の関係を示し、システム設計に有用な基礎データを提供する。 
(英) Because Satellite Broadcasting suffers signal degradation caused by rain attenuation, the authors propose a transmission scheme to mitigate rain attenuation utilizing a receiver with a storage function in this report. The transmission schemes are the time diversity transmission scheme and the parity-symbols time differential transmission scheme. From simulations using measured rain attenuation data, we have verified that service availability can be improved by applying these schemes by showing relation between the delay time and the service outage time.
キーワード (和) 降雨減衰補償 / 衛星放送 / 蓄積受信 / 非リアルタイム放送 / 長周期インターリーブ方式 / タイムダイバーシチ方式 / パリティ時差送信方式 /  
(英) Mitigation of rain attenuation / Satellite broadcasting / Receiver with a storage function / Non-realtime broadcasting / Long block-length interleave transmission scheme / Time diversity transmission scheme / Parity-symbols time differential transmission scheme /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 531, SAT2004-159, pp. 43-49, 2004年12月.
資料番号 SAT2004-159 
発行日 2004-12-10 (SANE, SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE SAT  
開催期間 2004-12-17 - 2004-12-17 
開催地(和) NICT(鹿島) 
開催地(英) NICT(Kashima) 
テーマ(和) 衛星応用技術および一般 
テーマ(英) Satellite Applications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2004-12-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 衛星放送における蓄積受信を用いた降雨減衰補償用伝送方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transmission Scheme to Mitigate Rain Attenuation in Satellite Broadcasting utilizing Receiver with a Storage Function 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 降雨減衰補償 / Mitigation of rain attenuation  
キーワード(2)(和/英) 衛星放送 / Satellite broadcasting  
キーワード(3)(和/英) 蓄積受信 / Receiver with a storage function  
キーワード(4)(和/英) 非リアルタイム放送 / Non-realtime broadcasting  
キーワード(5)(和/英) 長周期インターリーブ方式 / Long block-length interleave transmission scheme  
キーワード(6)(和/英) タイムダイバーシチ方式 / Time diversity transmission scheme  
キーワード(7)(和/英) パリティ時差送信方式 / Parity-symbols time differential transmission scheme  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 雷太 / Raita Yamasaki / ヤマサキ ライタ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
JAPAN BROADCASTING CORPORATION (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 一夫 / Kazuo Imai / イマイ カズオ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
JAPAN BROADCASTING CORPORATION (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 正源 和義 / Kazuyoshi Shogen / ショウゲン カズヨシ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
JAPAN BROADCASTING CORPORATION (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-12-17 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SANE2004-71,IEICE-SAT2004-159 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.530(SANE), no.531(SAT) 
ページ範囲 pp.43-49 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SANE-2004-12-10,IEICE-SAT-2004-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会