お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-12-17 13:00
[招待講演]セルフタイム回路によるデータ駆動型プロセッサとその応用
岩田 誠寺田浩詔高知工科大エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2004-197
抄録 (和) 本論文は,セルフタイム回路による自己タイミング型パイプラインSTP(Self-Timed Pipeline)が,システムクロックを廃し,実際に情報を処理している部分以外では,クロック電力を消費しないことに加えて,転送制御の局所性によって,柔軟なパイプライン構成が可能となるために,高度の機能をパイプライン実現できることを示す.具体的には,STPと極めて親和性が高いデータ駆動型マルチプロセッサ・チップの基本的な構成とその応用分野向けチップの構成例を紹介する。さらに、STPの持つ柔軟な機能性を応用した折り返し型パイプラインによるクラス別優先キューのLSI化の例を紹介し、STPの転送制御の局所性が種々の高度な機能的LSIを構成する上で重要な役割を果たすことを示す. 
(英) Pipeline structure is considered to be the best solution to overcome LSI design limitation constraints by allowing a divide and conquer design principle. In addition, it also helps us reduce wiring lengths across the chip and thus minimizing extrinsic degradations. However, with increasing clock rate, the structure also suffers from excessive power consumption and low signal integrity associated with synchronous clock distribution. A self-timed pipeline (STP) structure has been proposed to solve these problems simultaneously.

In this paper, our data-driven multiprocessor chip based on the self-timed pipeline and its application specific configurations are introduced. Furthermore, a folded pipeline scheme employed in a folded self-timed priority queue (SPQ) demonstrates another highly functional advantage of the self-timed pipeline scheme.
キーワード (和) セルフタイム回路 / データ駆動 / ネットワーク・プロセッサ / 折り返し型パイプライン / クラス別キューイング / / /  
(英) self-timed pipeline / data-driven / network processor / folded pipeline / class-based queueing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 522, ICD2004-197, pp. 25-30, 2004年12月.
資料番号 ICD2004-197 
発行日 2004-12-10 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2004-197

研究会情報
研究会 ICD  
開催期間 2004-12-16 - 2004-12-17 
開催地(和) 広島大学 東広島キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 回路技術(一般、超高速・低電力・高機能を目指した新アーキテクチュア) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2004-12-ICD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) セルフタイム回路によるデータ駆動型プロセッサとその応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Self-Timed Data-Driven Processors and their Applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セルフタイム回路 / self-timed pipeline  
キーワード(2)(和/英) データ駆動 / data-driven  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク・プロセッサ / network processor  
キーワード(4)(和/英) 折り返し型パイプライン / folded pipeline  
キーワード(5)(和/英) クラス別キューイング / class-based queueing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 誠 / Makoto Iwata /
第1著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工科大)
Kochi University of Technology (略称: Kochi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺田 浩詔 / Hiroaki Terada /
第2著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工科大)
Kochi University of Technology (略称: Kochi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-12-17 13:00:00 
発表時間 60 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2004-197 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.522 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICD-2004-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会