お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-12-16 10:00
D2G-SOIトランジスタを用いた低電力SoC向けSRAMセル
山岡雅直長田健一伊藤清夫土屋龍太河原尊之日立エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2004-183
抄録 (和) FD-SOIの一種であるD2G-SOIというトランジスタ構造を用いて、低電力SoCに最適な2種類のSRAMメモリセルを提案する。1つはメモリセル内に新しいフィードバック回路を有することでメモリの安定性を向上させて低電圧動作を可能とし、消費電力を低減する。1つは上記メモリセルにさらに2種類の電源電圧を印加することでさらなる低電圧動作を可能として消費電力を低減する。本技術を用いることで、消費電力を2/3および1/2に低減できることが確かめられた。 
(英) We developped two SRAM memory cells suitable for low-power SoC. The memory cells are composed of new FD-SOI transistors, which is called as D2G-SOI transistor. One memory cell has new feedback circuit to aquire high stability and the stability enables lower-voltage operation and the power consumption is reduced. The other memory cell uses the new feedback circuit and two power supply. It enables much lower voltage operation and the power consumption is further reduced. These new memory cells reduces the SRAM power consumption by 1/3 and 1/2 respectively.
キーワード (和) FD-SOI / D2G-SOI / 低電力SRAM / 2電圧電源 / / / /  
(英) FD-SOI / D2G-SOI / low-power SRAM / dual power supply / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 521, ICD2004-183, pp. 1-5, 2004年12月.
資料番号 ICD2004-183 
発行日 2004-12-09 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2004-183

研究会情報
研究会 ICD  
開催期間 2004-12-16 - 2004-12-17 
開催地(和) 広島大学 東広島キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 回路技術(一般、超高速・低電力・高機能を目指した新アーキテクチュア) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2004-12-ICD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) D2G-SOIトランジスタを用いた低電力SoC向けSRAMセル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamic-Vth, Dual-Power-Supply SRAM Cell Using D2G-SOI for Low-Power SoC Application 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FD-SOI / FD-SOI  
キーワード(2)(和/英) D2G-SOI / D2G-SOI  
キーワード(3)(和/英) 低電力SRAM / low-power SRAM  
キーワード(4)(和/英) 2電圧電源 / dual power supply  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 雅直 / Masanao Yamaoka / ヤマオカ マサナオ
第1著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi, Ltd.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長田 健一 / Kenichi Osada / オサダ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi, Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 清夫 / Kiyoo Itoh / イトウ キヨオ
第3著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi, Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 龍太 / Ryuta Tsuchiya / ツチヤ リュウタ
第4著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi, Ltd.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 尊之 / Takayuki Kawahara / カワハラ タカユキ
第5著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi, Ltd.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-12-16 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2004-183 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.521 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ICD-2004-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会