お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-12-10 09:30
赤外線カメラを用いた車内における人物姿勢検出
加藤隆志圓道知博藤井俊彰谷本正幸名大
抄録 (和) 画像を用いて車内での運転者の姿勢検出を行う場合,車内という撮影環境では背景や照度変化など周囲の環境の影響を受けやすいという問題が生じる.一般的に照度変化に強いカメラとして赤外線カメラが用いられているが,車内という特定された状況において人物検出に適した撮影方法を考える必要がある.
本稿では赤外線の性質について調査し,提案手法を用いることにより周囲の環境の変化にロバストな人物の姿勢検出を可能にした. 
(英) In the case of capturing a driver's image for detecting his posture, the image can be influenced by the environment, such as the outside scene and illumination. An infrared camera is often used in order to capture the image of a driver robustly. But, the capturing method, which is suitable for detecting person in such environment, needs to be considered. In this report, we investigated the character of the light wavelength used for capturing. And we examined the capturing method which is suitable for detecting a driver in a car. Finally we detected the driver's posture by using the proposed capturing method.
キーワード (和) 姿勢 / 赤外線 / ロバスト / 車内 / / / /  
(英) Posture / Inrared Ray / Robust / In a Car / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 494, CS2004-113, pp. 1-6, 2004年12月.
資料番号 CS2004-113 
発行日 2004-12-03 (CS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 CS IE  
開催期間 2004-12-09 - 2004-12-10 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya University 
テーマ(和) 画像符号化・通信・ストリーム技術、および 各研究会一般テーマ 
テーマ(英) Image coding, streaming technologies for real-time communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2004-12-CS-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 赤外線カメラを用いた車内における人物姿勢検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detection of Driver's Posture In a Car by Using Infrared Camera 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 姿勢 / Posture  
キーワード(2)(和/英) 赤外線 / Inrared Ray  
キーワード(3)(和/英) ロバスト / Robust  
キーワード(4)(和/英) 車内 / In a Car  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 隆志 / Takashi Kato / カトウ タカシ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 圓道 知博 / Tomohiro Yendo / エンドウ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 俊彰 / Toshiaki Fujii / フジイ トシアキ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷本 正幸 / Masayuki Tanimoto / タニモト マサユキ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-12-10 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2004-113,IEICE-IE2004-108 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.494(CS), no.496(IE) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2004-12-03,IEICE-IE-2004-12-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会