お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-12-10 15:15
プリント基板の地板近傍に配置した導体板による電磁波放射抑制効果
戸花照雄笹森崇行阿部紘士秋田県立大
抄録 (和) 有限な大きさのプリント回路基板からの放射電磁波は,基板上を流れるコモンモード(ダイポールモード)電流が発生することにより深刻になり,特に地板の幅が小さいときに大きな放射が起こることが知られている.この放射電磁波を抑制するために基板の地板面に導体板を配置する方法を本報告において提案した.また,導体板の寸法や形状と放射抑制効果との関係につい検討した.解析方法としてFinite Different Time Domain法を用いた.解析結果より,導体板の幅が大きいときに大きな放射抑制効果が得られ,導体板の端を折曲げることにより小さい導体板でも比較的大きな放射抑制効果が得られることを示した.また,放射電力と最大放射電界の測定結果が解析結果と同様の傾向を示すことにより解析結果の妥当性が示され,
導体板を用いることにより電磁波放射を効果的に抑制できることを示した. 
(英) In order to suppress the emission from a printed circuit board with a finite ground plane and a microstrip line, The authors proposed the method that conducting plate was placed under the printed circuit board closely. The suppression effect of the conducting plate to have wider width or bend edge was showed by numerical results using FDTD method. To validate numerical results, a radiation power and a max electric field intensity of PCB with conductor was measured.
キーワード (和) プリント基板 / 有限な大きさの地板 / FDTD法 / コモンモード電流 / 導体板 / / /  
(英) PCB / finite ground / FDTD / common-mode / conducting plate / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 499, EMCJ2004-113, pp. 65-70, 2004年12月.
資料番号 EMCJ2004-113 
発行日 2004-12-03 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2004-12-09 - 2004-12-10 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) アジア地域EMC特別講演会,一般 
テーマ(英) EMC Special Lecture by Guest Speakers from Asian Countries, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2004-12-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プリント基板の地板近傍に配置した導体板による電磁波放射抑制効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Suppression effect of emission from printed circuit board with conductor nearby ground plane 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プリント基板 / PCB  
キーワード(2)(和/英) 有限な大きさの地板 / finite ground  
キーワード(3)(和/英) FDTD法 / FDTD  
キーワード(4)(和/英) コモンモード電流 / common-mode  
キーワード(5)(和/英) 導体板 / conducting plate  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸花 照雄 / Teruo Tobana / トバナ テルオ
第1著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹森 崇行 / Takayuki Sasamori / ササモリ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 紘士 / Kohshi Abe / アベ コウシ
第3著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectural University (略称: Akita Pref. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-12-10 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2004-113 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.499 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2004-12-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会