お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-12-10 14:15
金属配列人工材料を用いた電磁波吸収・遮蔽材の設計例
岡室智行山本真一郎畠山賢一山内健次兵庫県立大)・蔦岡孝則広島大
抄録 (和) 筆者らは、これまでに有限長金属ロッドを配列した人工材料の等価的な比誘電率を測定し、共鳴形の分散特性を示すことを報告してきた。本研究では、金属ロッド配列材や、これと磁性材の積層材の誘電率、透磁率を示し、又これらを用いた広帯域電波吸収体、周波数選択性遮蔽材についての検討を行った。 
(英) Effective , or macroscopic εr and μr of artificial materials are discussed. Conductor – array sheets laminated with dielectric layer and/or magnetic layer are used as artificial materials. Some applications for EM wave absorber and shielding screen are proposed.
キーワード (和) 電波吸収体 / 共鳴分散 / 電磁遮蔽材 / 人工材料 / / / /  
(英) Absorber / Shielding / Artificial material / Conductor-array sheet / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 499, EMCJ2004-111, pp. 53-58, 2004年12月.
資料番号 EMCJ2004-111 
発行日 2004-12-03 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2004-12-09 - 2004-12-10 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) アジア地域EMC特別講演会,一般 
テーマ(英) EMC Special Lecture by Guest Speakers from Asian Countries, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2004-12-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 金属配列人工材料を用いた電磁波吸収・遮蔽材の設計例 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Microwave Absorber and Shielding Screen Using Metal-Rod Array Sheets 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波吸収体 / Absorber  
キーワード(2)(和/英) 共鳴分散 / Shielding  
キーワード(3)(和/英) 電磁遮蔽材 / Artificial material  
キーワード(4)(和/英) 人工材料 / Conductor-array sheet  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡室 智行 / Tomoyuki Okamuro / オカムロ トモユキ
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 真一郎 / Shinichiro Yamamoto / ヤマモト シンイチロウ
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ of Hyogo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 畠山 賢一 / Kenichi Hatakeyama / ハタケヤマ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ of Hyogo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 健次 / Kenji Yamauchi / ヤマウチ ケンジ
第4著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ of Hyogo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 蔦岡 孝則 / Takanori Tsutaoka / ツタオカ タカノリ
第5著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-12-10 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2004-111 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.499 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2004-12-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会