お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-12-10 14:50
近傍磁界測定用ループプローブの誤差について
今村雄介肖 鳳超電通大)・村野公俊東海大)・上 芳夫電通大
抄録 (和) EMI発生源探索などの目的で,PCB近傍の磁界測定などがおこなわれている.
この近傍磁界測定に用いられるループ型の磁界プローブで,伝送線路が作る近傍磁界分布を測定する時,その有限なループ面によって発生する誤差について理論的検討を行った.その結果,伝送線路に対し,平面方向と高さ方向では磁界の変化が違うために,各方向の測定される磁界の誤差が変わってくることを明らかにした.また,最終的に,電磁界エネルギーの流れであるポインティングベクトル分布を得るために,磁界の差分によって推定される電界分布の誤差についても検討した. 
(英) Measurement error caused by the finite area of a loop surface is discussed theoretically when measuring magnetic fields nearby ransmission lines by using the magnetic probe of loop shape. The results showed that the error of measured magnetic fields depends on the direction and height of the loop surface, because the changing rates of the magnetic fields are different if the directions of the measuring planes are different. The electric-field distribution estimated by the difference of magnetic fields is also discussed to obtain the Poynting vector distribution which represents electromagnetic energy flows.
キーワード (和) ループ型磁界プローブ / 近傍界測定 / 測定誤差 / 電界推定 / ポインティングベクトル / / /  
(英) Magnetic loop probe / near field measurement / measurement error / electric field estimation / Poynting vector / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 499, EMCJ2004-112, pp. 59-63, 2004年12月.
資料番号 EMCJ2004-112 
発行日 2004-12-03 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2004-12-09 - 2004-12-10 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) アジア地域EMC特別講演会,一般 
テーマ(英) EMC Special Lecture by Guest Speakers from Asian Countries, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2004-12-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 近傍磁界測定用ループプローブの誤差について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Error of Loop Probe for Near-Magnetic Field Measurement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ループ型磁界プローブ / Magnetic loop probe  
キーワード(2)(和/英) 近傍界測定 / near field measurement  
キーワード(3)(和/英) 測定誤差 / measurement error  
キーワード(4)(和/英) 電界推定 / electric field estimation  
キーワード(5)(和/英) ポインティングベクトル / Poynting vector  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 雄介 / Yusuke Imamura / イマムラ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Communications)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 肖 鳳超 / Fengchao Xiao / ショウ ホウチョウ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Communications)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村野 公俊 / Kimitoshi Murano / ムラノ キミトシ
第3著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
TOKAI University (略称: TOKAI Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上 芳夫 / Yoshio Kami / カミ ヨシオ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Communications)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-12-10 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2004-112 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.499 
ページ範囲 pp.59-63 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMCJ-2004-12-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会