お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-12-10 10:45
前方奥行き方向にスピーカを設置した場合の合成音像の距離感
奥村玲子黒住幸一NHK
抄録 (和) 聴取者前方の水平および奥行き方向に複数のスピーカを設置し、一つのスピーカまたは隣り合う複数のスピーカを用いて合成した音像の定位方向および距離感を調べた。一つの音響信号を聴取者までの距離が異なるスピーカで再生した場合には、音響信号の聴取レベルと聴取位置での到達時刻は異なるが、このレベル差・時間差を補正「しない場合」と「する場合」について調べた。その結果、レベル差と時間差を補正しない場合には、奥行き方向に隣り合うスピーカの間にも音像が定位するが、レベル差または時間差の一方でも補正した場合には、音像が奥行き方向に隣り合うスピーカの間には定位しにくい傾向のあることが分かった。また、レベル差・時間差の両方を補正した場合でも、聴取者から遠くのスピーカで再生した場合の音像は遠くに、近くのスピーカで再生した場合の音像は近くに判断されることが分かった。 
(英) Localization and distance perception of sound images, which are reproduced by single-loudspeaker or multi-loudspeakers in the horizontal plane in front of a subject, are investigated. The listening level and arriving time of sound at listening point are different according to the distance from a subject to a loudspeaker. If the listening level and arriving time at listening point were not compensated for the difference between a subject and loudspeakers, sound images can be localized among the loudspeakers. However, when either listening level or arriving time at listening point is compensated, sound images can not be localized among loudspeakers. Sound images presented by near loudspeakers from a subject can be perceived nearly, and sound images presented by distant loudspeakers from subject can be perceived distantly.
キーワード (和) 音像定位 / 複数スピーカ配置 / 前方奥行き方向 / 合成音像 / 定位方向 / 距離感 / /  
(英) Sound localization / Multi-loudspeaker / Frontal sound stage / Distance perception / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 497, EA2004-106, pp. 19-24, 2004年12月.
資料番号 EA2004-106 
発行日 2004-12-03 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2004-12-10 - 2004-12-10 
開催地(和) NHK技研 
開催地(英)  
テーマ(和) 立体音響・音場制御/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2004-12-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 前方奥行き方向にスピーカを設置した場合の合成音像の距離感 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Distance perception of sound images presented by multi-loundspeakers placed at different distance in front of subject 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音像定位 / Sound localization  
キーワード(2)(和/英) 複数スピーカ配置 / Multi-loudspeaker  
キーワード(3)(和/英) 前方奥行き方向 / Frontal sound stage  
キーワード(4)(和/英) 合成音像 / Distance perception  
キーワード(5)(和/英) 定位方向 /  
キーワード(6)(和/英) 距離感 /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 玲子 / Reiko Okumura / オクムラ レイコ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
JAPAN BROADCASTING CORPORATION (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒住 幸一 / Kohichi Kurozumi / クロズミ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
JAPAN BROADCASTING CORPORATION (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-12-10 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2004-106 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.497 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2004-12-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会