電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-12-06 16:15
頭部装着型実音場拡張システムの基礎検討
岡田 敦飯田 誠苗村 健東大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 筆者らは,音による拡張現実感の研究として実音場を拡張するシステムの実装に取り組んでいる.実音場中の音を増幅して聞かせるシステムとして補聴器があるが,一般的な補聴器は音圧を増幅するという機能のみであり,空間の広がり感の制御,話速変換や翻訳といった拡張処理は考慮されていない.実音場の拡張を行うためには,空間中の音を遮断して拡張した音のみを提示しなければならない.そこで,本研究では実音場を再現し,拡張した音のみを聞かせるシステムを開発した.システムは遮音性の高いヘッドホン上にマイクロホンを固定し,その内部に装着したイヤホンで拡張音を聞かせた.提案システムによる音場の再現性について実験を行ったところ,提案手法はダミーヘッドマイクで音を聴取するよりも良好に音場を再現させることが確認された.また,マイクロホン位置による音源の視覚的位置と聴覚的位置のずれ(違和感)をアンケート調査した. 
(英) The authors have been developing augmented sound field system, as a part of augmented reality of sound. Inorder to augment sound field, it is necessary to reproduce sound field and present augmented sound. General hearing aids have a function that reproduces sound field only by controlling sound pressure, which does not consider changing the speed ofconversation and/or translating, and changing the perception of the space. We propose the system that acquires actual sound field with the microphones fixed on the headphones that cut off sound, and the augmented sound is presented with earphones in the headphones. When the proposed device is installed, ears are covered with the sound insulation headphones and there is a possibility that the sound field cannot be reproduced. In the experiment, we presented random sound from the speakers set in front or back of the subjects. The experiment showed that with the proposed device the subjects were able to judge the localization of sound sufficiently compared with some cases either using dummy head microphones or not using them. We alsoinvestigate the difference between auditory localization and actual sound localization depends on the position of microphones.
キーワード (和) 実音場再現 / 実音場の拡張 / 頭部装着型 / / / / /  
(英) Reproducing sound field / Augmented sound field / Head mounted auditory system / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 489, MVE2004-48, pp. 51-56, 2004年12月.
資料番号 MVE2004-48 
発行日 2004-11-29 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MVE  
開催期間 2004-12-06 - 2004-12-07 
開催地(和) 種子島 
開催地(英) Tanegashima Island 
テーマ(和) 仮想環境の応用事例集 
テーマ(英) Various applications of VR 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2004-12-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 頭部装着型実音場拡張システムの基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Basic Study on Head Mounted Auditory System for Augmenting Real Sound Field 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 実音場再現 / Reproducing sound field  
キーワード(2)(和/英) 実音場の拡張 / Augmented sound field  
キーワード(3)(和/英) 頭部装着型 / Head mounted auditory system  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 敦 / Atsushi Okada / オカダ アツシ
第1著者 所属(和/英) 東京大学大学院 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 誠 / Makoto Iida / イイダ マコト
第2著者 所属(和/英) 東京大学大学院 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 苗村 健 / Takeshi Naemura /
第3著者 所属(和/英) 東京大学大学院 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-12-06 16:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2004-48 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.489 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2004-11-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会