お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-11-25 15:20
連続測定法によるHRTFの短時間計測とその応用 ~ 虚像法に基づく反射波に相当するHRIRの作成について ~
竹谷和紀福留公利九大
抄録 (和) サーボモータ制御のHRTF計測用回転椅子と連続測定法によるHRTFの短時間計測を
無響室で行った.その結果,水平面内の任意方向の頭部音響インパルス応答(HRIR)
を抽出することが可能となった.その計測結果を利用して,虚像法に基づいた反射波に相当するHRIRを虚音源ごとに作成した.それらの和で生成したHRIRが,頭外音像定位における音像の
距離感に及ぼす影響について調査した. 
(英) A fast HRTF measurement was performed in an anechoic chamber using the continuous measurement method with a
servo-swiveled chair. From the measurement, it was possible to extract Head Related Impulse Responses (HRIR)
for arbitrary directions in the horizontal plane. HRIRs for the left and right ears were created for each
image source associated with a reflected wave in the image method. These HRIRs were summed for all the
reflected waves, and an earphone listening test was conducted to investigate the HRIRs' influence on sense of
distance and outside-the-head localization.
キーワード (和) 連続測定法 / HRTF / 反射波 / 虚像法 / 距離感 / / /  
(英) continuous measurement method / HRTF / reflected waves / image source method / distance perception / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 454, EA2004-94, pp. 25-30, 2004年11月.
資料番号 EA2004-94 
発行日 2004-11-18 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2004-11-25 - 2004-11-26 
開催地(和) 大分大 
開催地(英) Ohita Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2004-11-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 連続測定法によるHRTFの短時間計測とその応用 
サブタイトル(和) 虚像法に基づく反射波に相当するHRIRの作成について 
タイトル(英) The fast measurement of HRTFs for all azimuthal directions using the continuous measurement method and its application 
サブタイトル(英) The generation of HRIRs corresponding to reflected waves based on the image source method 
キーワード(1)(和/英) 連続測定法 / continuous measurement method  
キーワード(2)(和/英) HRTF / HRTF  
キーワード(3)(和/英) 反射波 / reflected waves  
キーワード(4)(和/英) 虚像法 / image source method  
キーワード(5)(和/英) 距離感 / distance perception  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹谷 和紀 / Kazuki Takeya / タケヤ カズキ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 芸術工学府 (略称: 九大)
Graduate School of Design, Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福留 公利 / Kimitoshi Fukudome / フクドメ キミトシ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 芸術工学研究院 (略称: 九大)
Faculty of Design, Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-11-25 15:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2004-94 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.454 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2004-11-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会