電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-11-25 13:30
UMLの複数のダイアグラムを用いたJavaプログラムのテスト手法に関する一考察
藪谷悠介下村希世人片山徹郎宮崎大
抄録 (和) ソフトウェア開発設計において,オブジェクト指向技術を用いた開発の増加に伴い,UML(Unified Modeling Language)が注目されている.一方で,システム稼動前のテストを十分に実施できず,そのために障害発生を防げなかった事件が増えてきている.本研究は,テストの際にUMLを利用することにより,オブジェクト指向プログラミング言語Javaで記述されたプログラムの信頼性を向上させることを目的としている.本稿では,UMLのクラス図,シーケンス図,ステートチャート図の3つのダイアグラムとJavaソースコードとの対応関係を抽出した.抽出した対応関係をテスト設計の際に利用することにより,Javaプログラムの構造や,システムの処理の流れと状態間の遷移の流れ,および,ソフトウェアの仕様を効果的にテストすることが可能になると考えられる. 
(英) In software development, UML(Unified Modeling Language) is used more as the development by using object-oriented technology increases. And, the case in which system troubles have occurred owing to insufficient testing has been increasing. This research aims at increasing reliability of programs written in Java object-oriented language by testing them with UML diagrams. This paper extracts relations between source codes in Java and elements of class, sequence, and statechart diagrams. By using the extracted relations in test design, it becomes possible to test efficiently the structure of Java programs, the flow of state transition and processing of a system and the specification of software.
キーワード (和) ソフトウェア開発設計 / ソフトウェアテスト / UML / Java / オブジェクト指向 / / /  
(英) software design and development / software testing / UML / Java / object-oriented / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 466, SS2004-27, pp. 7-12, 2004年11月.
資料番号 SS2004-27 
発行日 2004-11-18 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2004-11-25 - 2004-11-26 
開催地(和) 山梨大学 甲府(武田)キャンパス 
開催地(英) Univ. of Yamanashi, Kofu(Takeda) Campus 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2004-11-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) UMLの複数のダイアグラムを用いたJavaプログラムのテスト手法に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on a Testing Method for Java Programs with UML Diagrams 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェア開発設計 / software design and development  
キーワード(2)(和/英) ソフトウェアテスト / software testing  
キーワード(3)(和/英) UML / UML  
キーワード(4)(和/英) Java / Java  
キーワード(5)(和/英) オブジェクト指向 / object-oriented  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藪谷 悠介 / Yusuke Yabuya / ヤブヤ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: U. of Miyazaki)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 下村 希世人 / Kiyohito Shimomura / シモムラ キヨヒト
第2著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: U. of Miyazaki)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 徹郎 / Tetsuro Katayama / カタヤマ テツロウ
第3著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: U. of Miyazaki)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-11-25 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2004-27 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.466 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2004-11-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会