電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-11-15 10:25
生体神経回路モデルダイナミクスのネットワーク構造とダイナミクスの関係
佐々木伸也片山統裕辛島彰洋中尾光之東北大
抄録 (和) 大脳皮質および海馬ではγ周波数帯(20-80Hz)の電位振動が観測される.このリズム生成は相互に結合した介在ニューロンの同期的振動によって支えられていると考えられている.本研究ではWang & Buzsakiにより提案された抑制性fast-spikingニューロンの回路網モデルを拡張して,ネットワークの空間構造とニューロン間の信号伝達遅延を導入し,ニューロン活動の同期性への効果を検討した.その結果「小さな世界」型の空間構造を導入するとスパイクの同期性が高まり,γ周波数帯の振動が観察されることがわかった.また遅延時間も同期性を高める効果があることが明らかになった. 
(英) Gamma frequency (20-80 Hz) oscillation observed in the cerebral cortex and hippocampus has been suggested to be synchronous activities in the interneuron network. In this study, a model of interneuron network proposed by Wang & Buzsaki is extended to study the effect of spatial network structure and time delay for synaptic interaction on the gamma-range synchronous neural activities. It is shown that 'Small-World' topology increases the gamma-range synchronization of neural activities. In addition, synaptic delay also gives increase of the synchronization.
キーワード (和) 介在ニューロン / 海馬 / GABA_A / 同期振動 / 小さな世界 / ネットワーク構造 / シナプス遅延 / トポロジー  
(英) interneuron / hippocampus / GABA_A / synchronization / small-world / network structure / synaptic delay / topology  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 429, MBE2004-53, pp. 5-8, 2004年11月.
資料番号 MBE2004-53 
発行日 2004-11-08 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2004-11-15 - 2004-11-15 
開催地(和) 東北大工学部 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2004-11-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 生体神経回路モデルダイナミクスのネットワーク構造とダイナミクスの関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Network structure-dependent dynamics of a biological neural network model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 介在ニューロン / interneuron  
キーワード(2)(和/英) 海馬 / hippocampus  
キーワード(3)(和/英) GABA_A / GABA_A  
キーワード(4)(和/英) 同期振動 / synchronization  
キーワード(5)(和/英) 小さな世界 / small-world  
キーワード(6)(和/英) ネットワーク構造 / network structure  
キーワード(7)(和/英) シナプス遅延 / synaptic delay  
キーワード(8)(和/英) トポロジー / topology  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 伸也 / Shinya Sasaki / ササキ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 統裕 / Norihiro Katayama / カタヤマ ノリヒロ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 辛島 彰洋 / Akihiro Karashima / カラシマ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 光之 / Mitsuyuki Nakao / ナカオ ミツユキ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-11-15 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2004-53 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.429 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2004-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会