お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-11-09 11:20
サービスコネクタによるアクセス制御とシングルサインオンの実現
福田洋治徳島大)・二宮健人白石善明近畿大)・森井昌克徳島大
抄録 (和) クライアント・サーバ型サービスを運用する際にサービスサーバに対して不特定多数のホスト接続を許可することは不正行為を受ける可能性が高くなる.アプリケーション層でアクセス制御が実施されるような従来のサービス提供モデルでは一般に各々のサービスで利用者の認証管理,アクセスログ管理が行われていたので管理者の作業量が大きかった.本稿では,認証とサービス提供の機能を持ったアプリケーション・ゲートウェイを用いてアクセス制御とシングルサインオンを実現するサービス提供モデルを提案する.提案モデルは,サービス提供サーバホストの安全性を向上させると共に,利用者管理とログ解析管理を一元化して,サーバホストを運用する管理者の作業量を減少させるという効果を持っている. 
(英) In operation of server-hosts in client-server model, allowing to connect to general public is a frequent cause of frauds such as denial-of-service (DoS) attack. An administrator takes on heavy work load in
conventional model of service provision, because access control is implemented in each application level. In this paper, we propose a model for access control with single sign-on using application gateway which has functions of user authentication and service provisions. The proposed model can improve security on server-host and realize centralized user management and access-log analysis, and it has an effect to reduce the load of administrators.
キーワード (和) クライアント・サーバ型サービス / アプリケーション・ゲートウェイ / アクセス制御 / シングルサインオン / / / /  
(英) Client-Server Service / Application Gateway / Access Control / Single Sign-On / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, 2004年11月.
資料番号  
発行日 2004-11-02 (ISEC, OIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ISEC LOIS  
開催期間 2004-11-08 - 2004-11-09 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2004-11-ISEC-OIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サービスコネクタによるアクセス制御とシングルサインオンの実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Access Control by Service Connector with Single Sign-On Function 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クライアント・サーバ型サービス / Client-Server Service  
キーワード(2)(和/英) アプリケーション・ゲートウェイ / Application Gateway  
キーワード(3)(和/英) アクセス制御 / Access Control  
キーワード(4)(和/英) シングルサインオン / Single Sign-On  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 洋治 / Youji Fukuta / フクタ ヨウジ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: The Univ. of Tokushima)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 二宮 健人 / Takehito Ninomiya / ニノミヤ タケヒト
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 白石 善明 / Yoshiaki Shiraishi / シライシ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森井 昌克 / Masakatu Morii / モリイ マサカツ
第4著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: The Univ. of Tokushima)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-11-09 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-ISEC2004-90,IEICE-OIS2004-57 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.422(ISEC), no.424(OIS) 
ページ範囲 pp.37-43 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-ISEC-2004-11-02,IEICE-OIS-2004-11-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会