お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-11-08 15:55
Paillier暗号をもとにしたしきい値暗号について
石原 武青野 博本郷節之NTTドコモ)・四方順司横浜国大
抄録 (和) 公開鍵暗号における秘密鍵を複数の分散鍵に分けることができる暗号の方式として,
しきい値暗号がある.
しきい値暗号では素因数分解の困難性に関する方式として
Paillier暗号をもとにしたしきい値暗号がFouqueらによって提案されている.
しかしながらこの方式は暗号化のための計算のうち,事前計算を行えないべき乗演算が存在する.本稿ではShoupらによって提案されたしきい値暗号方式をもとにして$2$つの
しきい値暗号を提案する.
$1$つめはPartial Discrete Logarithm仮定のもとランダムオラクルモデルでIND-TCPAの証明可能安全性を持ち,
$2$つめはDecisional Small Diffie-Hellman仮定のもとランダムオラクルモデルでIND-TCCAの証明可能安全性を持つ.
さらに,暗号化のべき乗演算は全て事前に行えるため,
Paillier暗号に基づく方式と比べ暗号化の効率が良く,
分散鍵の個数も半分に減らすことが可能となる. 
(英) The threshold cryptosystem is a threshold distributed version of the
public key cryptosystem.
The threshold cryptosystem is useful to control
secret key in a distributed manner.
Fouque et al. proposed a threshold distributed version
of the Paillier's cryptosystem whose security depends on the integer factoring problem.
However, in the scheme, there is powering calculation which cannot be computed beforehand.
We propose two threshold cryptosystems based on the
idea in a paper by Shoup et al.
The first scheme is proven to be IND-TCPA
in the random oracle model
under
Partial Discrete Logarithm Assumption.
The second one is shown to be IND-TCCA in the random oracle model
under Decisional Small Diffie-Hellman Assumption.

In addition, our schemes have advantages over those by Fouque et al. in that
: (1) we can compute power calculation beforehand in the encryption
; (2) the number of private keys in our scheme can be reduced to half of that of the Fouque et al. schemes.
キーワード (和) しきい値暗号 / Paillier暗号 / 秘密分散法 / / / / /  
(英) Threshold Cryptosystem / Paillier's Cryptosystem / Secret Sharing Scheme / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 421, ISEC2004-83, pp. 35-41, 2004年11月.
資料番号 ISEC2004-83 
発行日 2004-11-01 (ISEC, OIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ISEC LOIS  
開催期間 2004-11-08 - 2004-11-09 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2004-11-ISEC-OIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Paillier暗号をもとにしたしきい値暗号について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Threshold Cryptosystem Based on the Paillier's Encryption 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) しきい値暗号 / Threshold Cryptosystem  
キーワード(2)(和/英) Paillier暗号 / Paillier's Cryptosystem  
キーワード(3)(和/英) 秘密分散法 / Secret Sharing Scheme  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 武 / Takeru Ishihara / イシハラ タケル
第1著者 所属(和/英) 株式会社 NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo,Inc (略称: NTT DoCoMo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青野 博 / Hiroshi Aono / アオノ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo,Inc (略称: NTT DoCoMo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 本郷 節之 / Sadayuki Hongo / ホンゴウ サダユキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo,Inc (略称: NTT DoCoMo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 四方 順司 / Junji Shikata / シカタ ジュンジ
第4著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-11-08 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2004-83,IEICE-OIS2004-50 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.421(ISEC), no.423(OIS) 
ページ範囲 pp.35-41 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-ISEC-2004-11-01,IEICE-OIS-2004-11-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会