電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-11-05 15:45
干渉型全光スイッチによる全光信号再生特性 ~ 単体および多段接続時における期待性能の検討 ~
栗林亮介中村 滋橋本陽一小倉一郎NEC)・田島一人徳島大エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2004-171 LQE2004-115
抄録 (和) 全光信号再生(3R/2R)器の期待性能および用途に関する検討を行うため、単体もしくは多段接続した干渉型全光スイッチの前後における光信号強度(確率密度)分布を、簡略化したゲート機能モデルを用いて計算した。その結果、光スイッチの2段連続構成化による非線形位相シフト量の補償効果、全光信号再生器の多段接続(中継)時におけるビットエラー増加の飽和効果、最適な信号判定閾値レベルと非線形位相シフト量に依存する実際の判定閾値レベルとのずれに起因するビットエラー発生、ならびに、伝送距離に応じた全光信号再生器の最適構成、などが示された。 
(英) In order to discuss an expected performance and an application of all-optical (3R/ 2R) regenerators, we calculated a distribution of optical signal intensity (probability density) before and after a signal regeneration with an isolated interferometric all-optical switch or cascaded ones by using a simplified gate-function model. As a result, we have shown the compensation effect for insufficient nonlinear-phase-shift with cascaded two optical switches, the saturation effect of a bit-error with cascaded several all-optical regenerators (repeaters), generation of bit-errors due to the gap between the optimum signal-decision threshold level and the real decision threshold level which depends on various nonlinear-phase-shift, and suitable schemes of all-optical regenerator for each transmission distance.
キーワード (和) 全光信号再生 / 干渉型全光スイッチ / / / / / /  
(英) All-optical signal regeneration / Interferometric all-optical switch / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 415, LQE2004-115, pp. 69-74, 2004年11月.
資料番号 LQE2004-115 
発行日 2004-10-29 (OCS, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 LQE OCS OPE  
開催期間 2004-11-04 - 2004-11-05 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) 超高速・大容量光伝送処理,デバイス技術,及び一般 
テーマ(英) High Speed and Large Capacity Optical Transmission Technologies and Related Devices 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2004-11-LQE-OCS-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 干渉型全光スイッチによる全光信号再生特性 
サブタイトル(和) 単体および多段接続時における期待性能の検討 
タイトル(英) Characteristics of all-optical signal regeneration by using interferometric all-optical switches 
サブタイトル(英) Expected performance of isolated and cascaded all-optical regenerators 
キーワード(1)(和/英) 全光信号再生 / All-optical signal regeneration  
キーワード(2)(和/英) 干渉型全光スイッチ / Interferometric all-optical switch  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗林 亮介 / Ryosuke Kuribayashi / クリバヤシ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 日本電気(株) (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 滋 / Shigeru Nakamura / ナカムラ シゲル
第2著者 所属(和/英) 日本電気(株) (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 陽一 / Yoichi Hashimoto / ハシモト ヨウイチ
第3著者 所属(和/英) 日本電気(株) (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小倉 一郎 / Ichiro Ogura / オグラ イチロウ
第4著者 所属(和/英) 日本電気(株) (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田島 一人 / Kazuhito Tajima / タジマ カズヒト
第5著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-11-05 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-OCS2004-106,IEICE-OPE2004-171,IEICE-LQE2004-115 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.411(OCS), no.413(OPE), no.415(LQE) 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2004-10-29,IEICE-OPE-2004-10-29,IEICE-LQE-2004-10-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会