お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-11-05 09:00
多電極DFBレーザを用いた自己パルス発振および光注入同期特性
後藤田光伸西川智志西村哲也徳田安紀三菱電機/光協会エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2004-158 LQE2004-102
抄録 (和) 光時間分割多重通信における全光クロック再生への応用を目的として,多電極DFB構造の自己パルス発振レーザの開発を行っている。本デバイスは,直流電流駆動で10-40GHz程度の高繰り返し光パルスの発生が可能であり,かつ電流駆動条件の調整により,パルスの繰り返し周波数を広範囲に変える事ができる。また外部光信号光を素子内部に注入し,素子の繰り返し周波数を信号光の周波数にロックする,光注入同期動作が可能である。電気的な信号処理ではコスト及び消費電力の両面から限界の見え始める40-80GHz帯の周波数のみならず,回折格子中に位相シフタを利用する事で,全光信号処理が必須となる160GHz以上の超高周波においても,光注入同期動作が可能であることがわかった。 
(英) We are developing a multi-electrode type self-pulsating DFB laser, as a candidate for an all-optical clock recovery device which is indispensable in ultra-high frequency optical time division multiplexing. The device enables the generation of high repetition frequency pulses in the 10-40 GHz range with DC-current drive. The free-running frequency is widely tunable by controlling the operation currents. By introducing a suitable phase shifter inside the DFB grating, optical injection locking operation over 160 GHz, where electrical approaches probably reach an impasse, was successfully demonstrated as well as for the frequency range around 40-80 GHz.
キーワード (和) 半導体レーザ / 回折格子 / DFB / 自己パルス発振 / 光注入同期 / クロック再生 / /  
(英) semiconductor laser / grating / DFB / self-pulsation / optical injection locking / clock recovery / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 413, OPE2004-158, pp. 1-4, 2004年11月.
資料番号 OPE2004-158 
発行日 2004-10-29 (OCS, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2004-158 LQE2004-102

研究会情報
研究会 LQE OCS OPE  
開催期間 2004-11-04 - 2004-11-05 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) 超高速・大容量光伝送処理,デバイス技術,及び一般 
テーマ(英) High Speed and Large Capacity Optical Transmission Technologies and Related Devices 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2004-11-LQE-OCS-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多電極DFBレーザを用いた自己パルス発振および光注入同期特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Self-pulsation and optical injection locking using multi-electrode DFB lasers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 半導体レーザ / semiconductor laser  
キーワード(2)(和/英) 回折格子 / grating  
キーワード(3)(和/英) DFB / DFB  
キーワード(4)(和/英) 自己パルス発振 / self-pulsation  
キーワード(5)(和/英) 光注入同期 / optical injection locking  
キーワード(6)(和/英) クロック再生 / clock recovery  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤田 光伸 / Mitsunobu Gotoda / ゴトウダ ミツノブ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社/(財)光産業技術振興協会 (略称: 三菱電機/光協会)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西川 智志 / Satoshi Nishikawa / ニシカワ サトシ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社/(財)光産業技術振興協会 (略称: 三菱電機/光協会)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 哲也 / Tetsuya Nishimura / ニシムラ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社/(財)光産業技術振興協会 (略称: 三菱電機/光協会)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳田 安紀 / Yasunori Tokuda / トクダ ヤスノリ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社/(財)光産業技術振興協会 (略称: 三菱電機/光協会)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-11-05 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-OCS2004-93,IEICE-OPE2004-158,IEICE-LQE2004-102 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.411(OCS), no.413(OPE), no.415(LQE) 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2004-10-29,IEICE-OPE-2004-10-29,IEICE-LQE-2004-10-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会