電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-10-28 13:40
導波管を用いたアンテナ効率測定法の測定可能周波数に関する実験的検討
金子貴幸石井 望宮川道夫新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 導波管を用いたアンテナ放射効率測定法によってモノポールの効率測定を行うと,特定の周波数において落ち込みが生じることがある.本稿では,可動短絡の移動範囲を限定することで効率落ち込みを回避し,同測定法の測定可能な周波数範囲の拡大を図った.導波管内に挿入する左右の2つの可動短絡をともに移動させると,キャビティの空胴共振周波数において効率落ち込みが生じる.このため,効率落ち込みを回避するための2つの可動短絡の移動範囲について検討を行った.また,片方の可動短絡を任意の位置に固定した場合,特定の周波数において放射効率に落ち込みが生じる.このため,可動短絡の固定位置の範囲を限定することで落ち込みが回避されることを確認した. 
(英) In measuring the radiation efficiency of the monopole using the improved Wheeler method, some dips of the measured efficiency are observed at discrete frequencies. In this report, the dips can be removed by limiting the moving range of sliding shorts in the waveguide so that a continous measurement of the efficiency can be achieved for the wide frequency range, which is the same as the recommanded frequency range of the waveguide. If both sliding shorts at the ends of the waveguide are possible to be moved, the dips occur at the resonant frequencies of the cavity which is formed by the wavegude and two shorts. The moving range of the sliding shorts is discussed to remove the dips from the efficiency. And, if one of the sliding shorts is fixed and the other is possible to be moved, the dips of the efficiency occur at the frequency of the resonance between the monopole and the fixed short and can be removed by locating the fixed short in the limited range.
キーワード (和) 放射効率 / 改良型Wheeler法 / 導波管 / 可動短絡 / 空胴共振 / / /  
(英) radiation efficiency / improved Wheeler method / waveguide / sliding short / resonance of cavity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 395, AP2004-138, pp. 31-36, 2004年10月.
資料番号 AP2004-138 
発行日 2004-10-21 (AP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS AP  
開催期間 2004-10-28 - 2004-10-30 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata University 
テーマ(和) アダプティブアンテナ,MIMO及び無線信号処理技術,無線通信一般 
テーマ(英) Adaptive Antenna, MIMO, Wireless Signal Processing, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2004-10-RCS-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 導波管を用いたアンテナ効率測定法の測定可能周波数に関する実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An experimental study on measurable frequency range of antenna efficiency measurement using the waveguide 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 放射効率 / radiation efficiency  
キーワード(2)(和/英) 改良型Wheeler法 / improved Wheeler method  
キーワード(3)(和/英) 導波管 / waveguide  
キーワード(4)(和/英) 可動短絡 / sliding short  
キーワード(5)(和/英) 空胴共振 / resonance of cavity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 貴幸 / Takayuki Kaneko / カネコ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 望 / Nozomu Ishii / イシイ ノゾム
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮川 道夫 / Michio Miyakawa / ミヤカワ ミチオ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-10-28 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2004-138,IEICE-RCS2004-159 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.395(AP), no.398(RCS) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2004-10-21,IEICE-RCS-2004-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会