電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-10-22 14:15
スペクトルシェーピング法を用いたD級増幅器
安田 彰法政大)・木村 隆落合興一郎濱崎利彦日本テキサス・インスツルメンツエレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2004-130
抄録 (和) 本論文では、スペクトラムシェーピングを用いたD級増幅器を提案する。本方式は、スペクトラムシェーピングにより帯域外雑音のピークレベルを低減し、独立に設計された無線通信機器に対しても障害の改善を可能とするものである。試作したテストチップでは、従来のD級増幅器に対して帯域外雑音のピークレベルが15dB低減された。また、THDおよびSNRの測定値はそれぞれ0.2%および102dBであった。このテストチップは、2V単一電源で動作可能である。 
(英) In this paper, we propose a new class-D amplifier with a lower-frequency reference signal by using a spectrum shap-ing technique, in order to reduce an out-of-band noise, which improves an interference problem even when radio equipment independently designed. The peak-level of the measured out-of-band noise is 15dB lower than conventional class-D amplifier. The chip realizes THD of 0.45% and SNR of 81dB. The test chip can operate at single 2V power sup-ply.
キーワード (和) D級 / 増幅器 / スペクトラム拡散 / オーディオ / / / /  
(英) Class-D / Amplifier / spectrum shaping / Audio / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 366, ICD2004-130, pp. 55-60, 2004年10月.
資料番号 ICD2004-130 
発行日 2004-10-15 (SIP, ICD, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 IE SIP ICD IPSJ-SLDM  
開催期間 2004-10-21 - 2004-10-22 
開催地(和) 米沢市・伝国の杜(もり)会議室 
開催地(英)  
テーマ(和) プロセッサ,DSP,画像処理技術および一般(IE,ICD,SIP,情処SLDM各研究会共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2004-10-IE-SIP-ICD-IPSJ-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スペクトルシェーピング法を用いたD級増幅器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A class-D amplifier using a spectrum shaping technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) D級 / Class-D  
キーワード(2)(和/英) 増幅器 / Amplifier  
キーワード(3)(和/英) スペクトラム拡散 / spectrum shaping  
キーワード(4)(和/英) オーディオ / Audio  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 彰 / Akira Yasuda / ヤスダ アキラ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 隆 / Takashi Kimura / キムラ タカシ
第2著者 所属(和/英) 日本テキサスインスツルメンツ (略称: 日本テキサス・インスツルメンツ)
Texas Instruments Japan Inc. (略称: TI Japan)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 興一郎 / Koichiro Ochiai / オチアイ コウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 日本テキサスインスツルメンツ (略称: 日本テキサス・インスツルメンツ)
Texas Instruments Japan Inc. (略称: TI Japan)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱崎 利彦 / Toshihiko Hamasaki / ハマサキ トシヒコ
第4著者 所属(和/英) 日本テキサスインスツルメンツ (略称: 日本テキサス・インスツルメンツ)
Texas Instruments Japan Inc. (略称: TI Japan)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-10-22 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-SIP2004-98,IEICE-ICD2004-130,IEICE-IE2004-74 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.364(SIP), no.366(ICD), no.368(IE) 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2004-10-15,IEICE-ICD-2004-10-15,IEICE-IE-2004-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会