お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-10-15 14:05
光ファイバにおける漏れ光を考慮した誘導ブリルアン散乱の摂動解析
西口憲一三菱電機)・岸田欣増ニューブレクス
抄録 (和) 光ファイバのブリルアン散乱を用いた歪み計測システムでは,歪みの空間分解能はポンプ光のパルス幅に依存する.分解能を高めるためにはパルス幅を短くする必要があるが,そのときブリルアン散乱のスペクトルが広がるために,パルス幅の限界は音波の緩和時間の 10 ns 程度とされてきた.これは分解能にすれば 1 m 程度になる.ところが,Bao らは,ブリルアン損失のスペクトルは,ポンプ光に非常に短いパルス(1 ns 程度)を用いたときには,スペクトル線幅が逆に減少する現象を実験的に発見した.これはパルス波に漏れ光が存在する場合にのみ生じる特異な現象であるが,この現象をうまく利用すれば,歪み計測における分解能が向上する可能性が出てくる.本発表では,漏れ光を考慮したブリルアン散乱の方程式を摂動法を用いて解き,この現象の原因を理論的に明らかにする. 
(英) The resolution of strain measurements using Brillouin scattering in an optical fiber depends on the pulse width of a pump laser pulse. It was considered that there was a lower limit for pulse width, since the line width of the Brillouin spectrum was broader for shorter pulses. However, on the contrary, Bao et al. recently discovered a phenomenon in which the line width of the spectrum reduced with a very short pulse when there was light leakage. Such a result suggests the possibility that the resolution of a strain measurement can be improved. In this report, we analyze the phenomenon by solving coupled wave equations by a perturbation method and clarify the cause of the phenomenon.
キーワード (和) ブリルアン散乱 / ローレンツスペクトル / 光ファイバ / 歪み計測 / 摂動法 / / /  
(英) Brillouin scattering / Lorentz spectrum / optical fiber / strain measurement / perturbation method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 341, OFT2004-47, pp. 9-14, 2004年10月.
資料番号 OFT2004-47 
発行日 2004-10-08 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2004-10-15 - 2004-10-15 
開催地(和) 千葉大学 
開催地(英) Chiba Univercity 
テーマ(和) 光計測、光部品、一班 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2004-10-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光ファイバにおける漏れ光を考慮した誘導ブリルアン散乱の摂動解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Perturbation analysis of stimulated Brillouin scattering in an optical fiber with a finite extinction ratio 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブリルアン散乱 / Brillouin scattering  
キーワード(2)(和/英) ローレンツスペクトル / Lorentz spectrum  
キーワード(3)(和/英) 光ファイバ / optical fiber  
キーワード(4)(和/英) 歪み計測 / strain measurement  
キーワード(5)(和/英) 摂動法 / perturbation method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西口 憲一 / Ken'ichi Nishiguchi / ニシグチ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機(株) (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: MELCO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸田 欣増 / Kinzo Kishida /
第2著者 所属(和/英) ニューブレクス株式会社 (略称: ニューブレクス)
Neubrex Co., Ltd. (略称: Neubrex)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-10-15 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2004-47 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.341 
ページ範囲 pp.9-14 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OFT-2004-10-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会