電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-10-14 16:35
船舶航路決定のための強化学習アルゴリズムについて
三堀邦彦海上保安大)・神尾武司広島市大)・田中隆博海上保安大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 潮流のある狭い海域での船舶航路を決定するための強化学習アルゴリズムの枠組みについて議論する。我々はかつての報告でこうした枠組みを提案したが、その提案における潮流の影響の計算方法は、簡単化されすぎたモデル化のため不十分なものであった。本稿ではその計算方法の改良版を提案し、船舶航路決定に適用する。 
(英) We discuss a framework of the reinforcement learning to find the shortest course of a ship in a restricted sea-area with the strong tidal current. We proposed such framework in a previous report, but the calculation procedure of the tidal current effect in the report is not sufficient because of too simplified modeling. In this article, we propose the improved version of the calculation procedure and apply it to the finding the shortest course of a ship.
キーワード (和) 操船 / 潮流の影響 / 最短航路 / 強化学習 / / / /  
(英) Maneuvering motion of a ship / Tidal current effect / Shortest Course / Reinforcement learning / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 334, NLP2004-60, pp. 37-42, 2004年10月.
資料番号 NLP2004-60 
発行日 2004-10-07 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2004-10-14 - 2004-10-15 
開催地(和) 長岡技術科学大学 
開催地(英) Nagaoka Univ. of Technology 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) (TBD) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2004-10-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 船舶航路決定のための強化学習アルゴリズムについて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Reinforcement Learning Algorithm to Find the Course of a Ship 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 操船 / Maneuvering motion of a ship  
キーワード(2)(和/英) 潮流の影響 / Tidal current effect  
キーワード(3)(和/英) 最短航路 / Shortest Course  
キーワード(4)(和/英) 強化学習 / Reinforcement learning  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三堀 邦彦 / Kunihiko Mitsubori / ミツボリ クニヒコ
第1著者 所属(和/英) 海上保安大学校 (略称: 海上保安大)
Japan Coast Guard Academy (略称: Japan Coast Guard Acad.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神尾 武司 / Takeshi Kamio / カミオ タケシ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 隆博 / Takahiro Tanaka / タナカ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 海上保安大学校 (略称: 海上保安大)
Japan Coast Guard Academy (略称: Japan Coast Guard Acad.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-10-14 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2004-60 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.334 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2004-10-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会