電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-10-01 09:30
ループコイル型光磁界プローブの周波数応答特性平坦化
荒川 悟鈴木英治太田博康NICT)・荒井賢一NICT/東北大
抄録 (和) GHz帯での高精度な近傍磁界測定を行うために,光ファイバと電気光学結晶を用いた光磁界プローブの開発を行っている.本プローブはループエレメントとループ終端部分の平行平板電極間に挿入した電気光学結晶で構成するため,共振特性を持つ周波数応答を示す.等価回路モデルとFDTD法を用いたシミュレーションによる周波数応答特性の解析と試作した光磁界プローブを用いた実験によりプローブの特性評価を行った.電気光学結晶と並列に抵抗素子を接続し,共振のピークをダンピングすることによって平坦な周波数応答を示す特性が得られた. 
(英) In order to perform magnetic near-field measurement with high accuracy in the GHz frequency range, we are developing an optical magnetic field probe that consists of an electro-optic crystal and an optical fiber for signal transmission. The probe head comprises a metallic loop element and electro-optic crystal inserted between electrodes of the loop terminal. Therefore, the frequency response characteristic has a steep peak on the resonant. We analyzed the frequency response characteristics of the optical magnetic field probe using the equivalent circuit and the FDTD method simulation. Furthermore, we designed the probe of interest and evaluated the characteristics by the experiments. The peak of resonant frequency was dumped by connecting a resistance element in parallel to the electro-optic crystal, and flattening of the frequency response characteristic was performed.
キーワード (和) 近傍磁界測定 / プローブ / ループアンテナ / 電気光学効果 / FDTD法 / / /  
(英) Magnetic near-field measurement / Probe / Loop antenna / Electro-optical effect / FDTD method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 328, EMCJ2004-56, pp. 7-12, 2004年10月.
資料番号 EMCJ2004-56 
発行日 2004-09-24 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2004-10-01 - 2004-10-01 
開催地(和) 国際電気通信基礎技術研究所 
開催地(英)  
テーマ(和) 通信EMC/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2004-10-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ループコイル型光磁界プローブの周波数応答特性平坦化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Flattening of Frequency Response of an Optical Magnetic Field Probe 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 近傍磁界測定 / Magnetic near-field measurement  
キーワード(2)(和/英) プローブ / Probe  
キーワード(3)(和/英) ループアンテナ / Loop antenna  
キーワード(4)(和/英) 電気光学効果 / Electro-optical effect  
キーワード(5)(和/英) FDTD法 / FDTD method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 悟 / Satoru Arakawa / アラカワ サトル
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 英治 / Eiji Suzuki / スズキ エイジ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 博康 / Hiroyasu Ota / オオタ ヒロヤス
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 賢一 / Ken Ichi Arai / アライ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構/東北大学 (略称: NICT/東北大)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-10-01 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2004-56 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.328 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2004-09-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会