電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-10-01 14:05
地下街基地局アンテナによる人体SARのハイブリッド解析
小松正幸王 建青藤原 修名工大)・垂澤芳明上林真司NTTドコモ
抄録 (和) 本文では,地下街基地局アンテナによる人体のドシメトリ評価を目的として,レイトレース(ray trace)法による入射電界分布の推定計算と散乱界FDTD(Finite Difference Time Domain)法による人体の内部電界計算とを組み合わせたハイブリッド解析法を提案した.解剖学的人体全身数値モデルに対する地下街基地局アンテナによる人体SAR (Specific Absorption Rate)の解析結果から,平面波の均一照射に比べ,基地局アンテナによる不均一照射では,電界の同じ空間平均値に対して,全身平均SARと局所ピークSARはいずれも2~3倍程度高くなることがわかった.なお,現在の地下街や屋内に設置されている基地局アンテナの出力電力レベルでは電界の空間平均値は一般環境の管理指針値の1/10以下にあり,それ故にSARは基礎指針値を超えることはない. 
(英) In this study we have established an effective technique for dosimetric analyses of base-station antennas in an underground environment. The technique combined the ray-tracing method and the finite-difference time-domain (FDTD) method for the SAR calculation in human bodies. The ray-tracing method was used to evaluate the incident fields to the exposed subject, while the FDTD method was used to calculate the detailed SAR distributions in the human body. A scenario under an underground passage with the installation of a top loaded monopole antenna was analyzed to highlight the effectiveness of the hybrid technique together with the difference in SAR distributions from the uniform plane-wave exposure. The results showed higher whole-body averaged and peak SARs compared to a uniform plane-wave exposure with the same intensity of spatially averaged electric field. As for the SAR level due to the present base-station antenna, however, it should be much lower than the basic safety guidelines in view of the actual outputs of base-station antennas being installed in underground or indoor environments.
キーワード (和) 基地局アンテナ / SAR / レイトレース法 / FDTD / 安全性評価 / / /  
(英) Base-station antenna / SAR / ray tracing method / FDTD / safety evaluation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 328, EMCJ2004-63, pp. 45-50, 2004年10月.
資料番号 EMCJ2004-63 
発行日 2004-09-24 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2004-10-01 - 2004-10-01 
開催地(和) 国際電気通信基礎技術研究所 
開催地(英)  
テーマ(和) 通信EMC/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2004-10-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地下街基地局アンテナによる人体SARのハイブリッド解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hybrid analysis of SAR in human body for base station antennas in underground environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 基地局アンテナ / Base-station antenna  
キーワード(2)(和/英) SAR / SAR  
キーワード(3)(和/英) レイトレース法 / ray tracing method  
キーワード(4)(和/英) FDTD / FDTD  
キーワード(5)(和/英) 安全性評価 / safety evaluation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小松 正幸 / Masayuki Komatsu /
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 建青 / Jianqing Wang /
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 修 / Osamu Fujiwara /
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 垂澤 芳明 / Yoshiaki Tarusawa /
第4著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo (略称: NTT DoCoMo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 上林 真司 / Shinji Uebayashi /
第5著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo (略称: NTT DoCoMo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-10-01 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2004-63 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.328 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2004-09-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会