電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-10-01 15:55
複素アンテナ係数を用いたUWB放射電力の時間領域測定
石上 忍後藤 薫山中幸雄松本 泰NICT
抄録 (和) 著者らは,オシロスコープ観測波形より受信アンテナの複素アンテナ係数及び測定装置の特性を取り除く方法によってUWB送信機からの電界波形を再生する方法を提案している.さらにこの方法により, FCCで規定する,受信機の分解能帯域幅(RBW)を50MHzとしたときの値に換算したピーク電力をインパルスラジオUWBの場合において計算した結果を報告している.本報告では,DS-SS UWB方式に対し提案の方法を行い,その妥当性を確認した.さらに分解能帯域幅50MHzの値への換算式は,DS-SS UWBの場合にはFCCの換算式と異なることがわかった. 
(英) This paper describes the waveform reconstruction method of the electric field emitted by an ultra wideband (UWB) device by using the complex antenna factor and observed waveform with an oscilloscope. The reconstruction of the DS-SS (Direct-Sequence Spread-Spectrum) UWB and the peak power measurement using a resolution bandwidth of 50MHz specified in the document of Federal Communications Commission (FCC) part 15 were examined. As a result, it is found that the conversion formula to 50MHz RBW differs from that of FCC part 15 in a case of DS-SS UWB.
キーワード (和) UWB(Ultra Wideband) / 複素アンテナ係数 / 時間領域 / ピーク電力 / / / /  
(英) UWB(Ultra Wideband) / Complex antenna factor / Time domain / peak power / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 328, EMCJ2004-68, pp. 75-80, 2004年10月.
資料番号 EMCJ2004-68 
発行日 2004-09-24 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2004-10-01 - 2004-10-01 
開催地(和) 国際電気通信基礎技術研究所 
開催地(英)  
テーマ(和) 通信EMC/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2004-10-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複素アンテナ係数を用いたUWB放射電力の時間領域測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Time domain measurement of UWB radiated power by using the complex antenna factor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UWB(Ultra Wideband) / UWB(Ultra Wideband)  
キーワード(2)(和/英) 複素アンテナ係数 / Complex antenna factor  
キーワード(3)(和/英) 時間領域 / Time domain  
キーワード(4)(和/英) ピーク電力 / peak power  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石上 忍 / Shinobu Ishigami / イシガミ シノブ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 薫 / Kaoru Gotoh / ゴトウ カオル
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 幸雄 / Yukio Yamanaka / ヤマナカ ユキオ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 泰 / Yasushi Matsumoto / マツモト ヤスシ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-10-01 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2004-68 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.328 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2004-09-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会