電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-09-30 14:00
双方向の偏在的トラヒックを考慮したネットワークトポロジー設計と評価
千葉芳之佐竹 孝岡本 司NTT
抄録 (和) インターネットアクセス回線の広帯域化により,端末間で直接データをやりとりするP2P(peer-to-peer)トラヒックが増加している.しかしながら,現在のネットワークはこれまで中心的であったクライアント/サーバ方式のWebに適した設計がなされている.
本稿では,このような新しいトラヒックを想定したネットワークトポロジーの評価を実施し,このトラヒック増加に耐えうる経済的でロバストなネットワークトポロジー設計のための必要条件について明らかにする. 
(英) Internet access line bandwidth has increased,peer-to-peer traffic, which exchange their traffic directly, have been increasing. However, current networks are designed for client-server web traffic.
In this paper, we define peer-to-peer traffic model, and evaluate several network topologies. We clarify the requirements of network topologies for economical and robustness network design with peer-to-peer traffic growth.
キーワード (和) P2P / ネットワークトポロジー / コスト / ロバスト性 / シミュレーション / peer-to-peer / /  
(英) P2P / network topology / network cost / robustness / simulation / peer-to-peer / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, 2004年9月.
資料番号  
発行日 2004-09-23 (TM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2004-09-30 - 2004-10-01 
開催地(和) 飛騨地域地場産業振興センター 
開催地(英) Hida District Local Industry Promotion Center 
テーマ(和) 品質とコスト、および一般 
テーマ(英) Network/Service Quality and Cost, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2004-09-TM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 双方向の偏在的トラヒックを考慮したネットワークトポロジー設計と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The network topology design and evaluation in consideration of bidirectional and uneven distribution traffic 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) P2P / P2P  
キーワード(2)(和/英) ネットワークトポロジー / network topology  
キーワード(3)(和/英) コスト / network cost  
キーワード(4)(和/英) ロバスト性 / robustness  
キーワード(5)(和/英) シミュレーション / simulation  
キーワード(6)(和/英) peer-to-peer / peer-to-peer  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 千葉 芳之 / Yoshiyuki Chiba / チバ ヨシユキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
{NTT Service Integration Laboratories , NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐竹 孝 / Takashi Satake / サタケ タカシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
{NTT Service Integration Laboratories , NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 司 / Tsukasa Okamoto / オカモト ツカサ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
{NTT Service Integration Laboratories , NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-09-30 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-TM2004-36 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.326 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TM-2004-09-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会