お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2004-09-17 13:25
一般数体篩法実装実験(6) ~ 格子篩 ~
青木和麻呂植田広樹NTT)・木田祐司立教大
抄録 (和) 小さな因子を含まない数百ビット以上の合成数に対する素因数分解アルゴリズムとして,数体篩法が現在最も高速と考えられている.数体篩法のうち最も計算量を必要とするのは篩処理である.篩処理には素朴な方法であるline sieveがあり,現在でもよく使われているが,一般数体篩法で500ビット程度以上の分解を目指すとなるとlattice sieveは必須の技術である.しかしながらlattice sieveは複雑であり,細かい実装法については文献が少ない.本稿では,lattice sieveのアルゴリズムを詳細に記述する. 
(英) The number field sieve is considered as the fastest algorithm for factoring an integer which does not include small factors and larger than several hundred bits. The sieving in the number field sieve is the most time-consuming step. The sieving can be done by line sieve which is simple and frequently used nowadays, but lattice sieve is indispensable for factoring an integer which is larger than about 500 bits long by general number field sieve. However, lattice sieve is very complex and no literature writes the detailed implementation method. This manuscript describes lattice sieve in detail.
キーワード (和) 素因数分解 / 数体篩法 / 格子篩 / Gauss縮約 / binary GCD / / /  
(英) integer factoring / number field sieve / lattice sieve / Gauss reduction / binary GCD / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 315, ISEC2004-68, pp. 9-14, 2004年9月.
資料番号 ISEC2004-68 
発行日 2004-09-10 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2004-09-17 - 2004-09-17 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2004-09-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 一般数体篩法実装実験(6) 
サブタイトル(和) 格子篩 
タイトル(英) A trial of GNFS implementation (Part VI) 
サブタイトル(英) lattice sieve 
キーワード(1)(和/英) 素因数分解 / integer factoring  
キーワード(2)(和/英) 数体篩法 / number field sieve  
キーワード(3)(和/英) 格子篩 / lattice sieve  
キーワード(4)(和/英) Gauss縮約 / Gauss reduction  
キーワード(5)(和/英) binary GCD / binary GCD  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 和麻呂 / Kazumaro Aoki / アオキ カズマロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 植田 広樹 / Hiroki Ueda / ウエダ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木田 祐司 / Yuji Kida / キダ ユウジ
第3著者 所属(和/英) 立教大学 (略称: 立教大)
Rikkyo University (略称: Rikkyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2004-09-17 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2004-68 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.315 
ページ範囲 pp.9-14 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2004-09-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会